営業科学分野

世界の自動車事業の中枢・名古屋で、産業を支える検査機器を販売
専攻:政治経済学/2011年入社

入社の動機

人や社会を支えることに関心があり、大学卒業後はガスや水道といった社会インフラ業界への就職を考えていました。しかし、企業研究をするうち、検査機器メーカーのように社会インフラ事業自体を支える仕事への興味の方が勝っていきました。

その中でもオリンパスは工業用内視鏡を通し、自動車産業などの重工業、建築業、電気事業ほか、多彩な分野と関わっています。その分、未知の世界と出会える機会も多いはずと期待がふくらみ、また、その環境の中で自分を試し、成長していきたいと思い、入社を志望するようになりました。縁あって就職が決まり、現在は念願の科学事業に携わりながら、充実した日々を過ごしています。

仕事の内容

私が所属しているのは、産業機器営業部の中でも工業用内視鏡、超音波検査機器、蛍光X線装置を拡販する名古屋検査機器グループです。自動車産業を最大のマーケットとしており、工業用内視鏡を使ってエンジンの製造工程にミスや欠陥がないか調べたり、エンジン部品の成分を蛍光X線で測定したりと、さまざまな用途を提案しながら販売に結びつけています。

名古屋は、自動車や航空機において全国屈指の巨大マーケット。特に自動車市場では世界中から一目置かれる存在のため、会社からは営業実績とともに最先端の情報発信を求められています。私は三河、北陸の2エリアを対象に、RVI(Remote Vis-ual Inspection/遠隔視覚検査)という工業用内視鏡をはじめとした産業機器製品の販売を担当しています。場所柄、重要度の高い顧客が多く、遠隔地域も管轄しているので効率よく業務を行うことがポイントです。また、得意先の技術者たちと対等に話せるよう、専門知識の習得も不可欠で、机上の勉強だけでなく、実際に機械に触れて覚えるなど体を動かして貪欲に仕事に取り組む姿勢も必要です。

やりがい

産業用の検査機器は高価なため、購入の判断に先立ち、活用法を提案してデモ(試用・評価)を行うのが一般的です。その際、営業は提案資料の作成から営業戦略の立案まで一任されています。責任が大きい反面、自分の裁量次第で結果を導けるので努力のしがいがありますね。

また、業界トップクラスを誇る圧倒的な技術力が当社の強みであり、誇りでもあります。自信を持って製品をPRでき、顧客の中には「オリンパスでなければ駄目だ」「実績のあるオリンパスなら多少高くても構わない」と信頼を寄せてくださる方も少なくありません。そうした期待に応えられるよう、顧客にも仕事にも、常に誠実に向き合うことが私のモットーとしているところです。会社の最前線でお客さまと接する営業は、いわばオリンパスの顔です。ブランドを代表する立場にあることを意識しながら活動するよう心がけています。

さらに、この仕事では、貴重な体験ができることも醍醐味です。例えば、鉄道会社からの要請で深夜に緊急デモを行った際は、誰もいない電車に乗り込んだり、線路の上を歩いたりと、静まり返った駅の構内を探検しているようで冒険心をくすぐられました。長時間のデモの末、トラブルが解決できたこともうれしかったですね。深夜に対応を求められるようなことは稀ですが、後日、運行が停止する瀬戸際だったことを知り、微力ながら鉄道の安全を守れたことに改めて安堵すると同時に、責任の重さも実感しました。

苦心していること

産業製品は買い替えサイクルが数年から10年以上と長いので、顧客の新規開拓には苦戦します。先輩方が築いた市場を更新することで一定の売上は確保できるものの、今後さらなる飛躍を目指すには提案力を磨くことが必須です。特に、名古屋は工業の中心地。電気自動車や自動運転車が開発されるなど、顧客サイドの技術は日進月歩の勢いです。日頃から情報のアンテナを張り巡らせ、進化に絡めた製品やオリンパスだからできることを発信していけるよう努めています。

また、そのためには豊富な専門知識も必要ですが、一朝一夕では身につかず、苦労するところです。ただ、自社の製造部門の技術者との意見交換を活発にすれば、専門知識に明るくなり、営業の質が上がるはず。逆に、技術者も営業の情報を取り込めば、製品クオリティの向上に役立つはずなので、今後は互いの交流を深めていきたいと考えています。

職場の紹介

大学まで関東で過ごしていましたが、入社後数年間は大阪支店に配属。現地には一切知人がいないうえ、一人暮らしも初めてで、当初はすべてが不安でした。ただ、幸いだったのは、同年代の先輩社員がOJTを担当してくださったこと。同じような環境から大阪勤務になったため、新天地で戸惑う私にとても親切にしてくださり感謝しています。また、ほかの先輩方は40代以上と年齢が離れていたものの、息子と接するように温かく受け入れてくださったので、気持ちがかなり救われました。

そして、現在勤務する名古屋支店も、闊達な意見交換ができる明るい雰囲気の職場です。年齢層が高いのでプロ意識が強い印象もありますが、良い意味で緊張感を持って仕事にのぞめ、自然と向上心が刺激されます。また、職場にはイベントの発起人が多く、休日には職場の有志で集まってバーベキューをしたり、マラソンやゴルフなどのスポーツでリフレッシュしたりして、楽しんでいます。

学生の皆さまへ

入社面接をしていて惹かれるのは、特技や長所よりも、未来のビジョンを語れる人。スキルはやる気と時間でカバーできます。大切なことは、今の能力をいかに伸ばして仕事に活用していきたいのか、興味をどう発展させていきたいのかということです。それが見えていれば、社会人としての成長が期待できます。ぜひ就職活動を機にしっかり自分を見つめ直し、将来像を考えてみてください。

また、企業研究では、軸を据えることが肝心です。一方で、軸を中心に視野を広げる柔軟さも必要です。私の場合、根本に人の支えになりたいという想いがあったので、インフラを軸に定めても特定の事業に縛りは設けず、電力や鉄道などの公共事業も対象としていました。見方を変えれば、役人という道もあったでしょう。

皆さんも、たくさんの可能性を秘めているはずですから、就職活動では1つの事柄やできることだけに固執せず、“やりたいこと”をポイントに選択肢を増やしてください。その中に、一緒に仕事ができる未来があることを願っています。特にフットワークが軽く、やる気にあふれた方は大歓迎です。

事務系先輩社員の仕事 一覧

営業

マーケティング・企画

コーポレートスタッフ