営業映像分野

オリンパスファンを増やし、カメラ市場を切り拓く
専攻:商学 / 2015年入社

入社の動機

メーカーの営業職を志望していました。オリンパスに興味を引かれたきっかけは、プロサッカー選手の本田圭佑さんを起用したCMです。小学生のときからサッカーを続けていたので、目に留まりました。最初はオリンパス=カメラというイメージでしたが、調べるうちに医療・産業・ライフサイエンスなどの分野で世界的なシェアのある企業だということを知りました。

また、就職活動のとき、グループディスカッションを経たあと、私の場合は1対1の面接になったのですが、個別に話をしっかり聞いてくれた点にも好印象を持ちました。他社では、自分をアピールする場がないまま縁がなくなってしまうこともあったんですよね。

食品系、美容系などジャンルを問わずさまざまなメーカーを見て回りましたが、最終的にオリンパスの社会貢献度の高さや面接官だった方の人柄に共感して入社を決めました。

仕事の内容

カメラやICレコーダー、双眼鏡などの映像製品を営業する映像国内営業部に所属しています。私のいるグループでは、国内大手カメラ量販・家電量販店3法人の首都圏店舗担当業務を担っています。各店舗に導入する製品群については本部担当グループの管轄になるので、私の仕事は製品をどう売っていくかになります。

現在、都内の大規模店舗をメインに、いくつかの店舗を任されています。日々各店舗に足を運び、販売スタッフへの製品研修や売場展開の提案、販促イベントの企画・運営などを行っています。

今は東京勤務ですが、入社後2カ月の研修を終えてすぐは同営業部の大阪支店に配属され、3年半ほど、関西方面にある店舗の営業を担当していました。生まれも大学も関東でずっと実家暮らしでしたから、新入社員でいきなり関西での一人暮らしは不安が大きかったですね。幸い、大阪配属の同期や学生時代の友人、関東出身の先輩方が多くいたので、仕事も生活もだんだん慣れていくことができました。

やりがい

プライベートでもカメラを提げている人に目がいきます。観光地などでオリンパス製品を見るとやはりうれしいですね。誰かの人生の素敵な思い出づくりに、自分の関わっているカメラが役に立っていると思うとやりがいを感じます。

オリンパスのカメラは、資本力やブランド力では他社メーカーに勝てない部分もあります。しかし、だからこそ自分の企画や提案の力が試されます。製品が売れたときは、喜びもひとしおです。ポイントは「いかにオリンパスカメラのファンになってもらうか」に尽きると思っています。エンドユーザーはもちろん、製品を売る立場にある販売スタッフの方の気持ちをつかむような販売活動を心がけています。

例えば、ネットでモノが買える現在、店舗を訪れる楽しみをカメラを通じて伝えることは出来ないかだろうか?と考え、お子様の撮影イベントを企画したことがあります。店内にスタジオを組み、親御さんに当社カメラで撮影してもらい、写真をプレゼントするもので、1日で100件ほどの集客になりました。多くのお客さまにも、店舗の方にも喜んでもらえる人気イベントとなり、私自身も手ごたえを感じました。

苦心していること

オリンパスでは、若手でも重要拠点の店舗を任せてもらえます。私も、大阪と東京で、日本でも一、二を争うような巨艦店を担当しています。実は、こうした各カメラメーカーがしのぎを削るような店舗では、売上目標のプレッシャーも大きく、他社ではベテラン社員を担当にしている例が多いのです。若いとどうしても営業としての信頼が薄く、話をする時間をつくってもらうだけで苦労することもあります。

そんな中でも自分を信頼してもらうために、店舗からの依頼への対応のスピードや、こちらからの提案の数は常に意識しています。また、販売スタッフにとっては他社製品との違いがセールスポイントになるので、自社製品の知識だけではなく、他社のカメラも実際に触って勉強することを怠らないようにしています。

将来的には海外にも目を向け、ミラーレス一眼がまだ定着していない国へ、日本の技術を発信したいと考えています。ミラーレスの良さは、小型軽量かつ高性能で、いつでもキレイな写真が気軽に撮れることです。世界的に見ると、オリンパスのシェアはまだまだ伸ばせるはず。現在の持ち場で着実に仕事の成果をあげ、営業全般においての経験を積み目指していきたいと思っています。

職場の紹介

今の部署は店舗回りが中心になるので、営業メンバーが顔を合わせるのは店舗での業務が終わって帰ってきたときになります。そのため、コミュニケーションは電話やメールで行うことが多いですね。皆さん、オンオフの切り替えがしっかりしているので、雰囲気はとてもいい職場です。

学生の皆さまへ

就職活動では周りの動向が気になると思いますが、自分に合う仕事は自分にしかわからないので、ぜひマイペースで頑張ってください。私の場合、話を聞きにいった企業はそれほど多くありませんでしたが、行きたいところ、気になったところは何度も訪問するようにしました。会社の雰囲気など、ネットの情報だけではわからない部分があるので、直接、目で見て、耳で聞いて、感じとることが大事です。

オリンパスは自分のやりたいことをさせてくれる土壌のある会社です。積極的に発言したり、行動したりするチャレンジ精神のある人には、特にお勧めだと思います。また、そんな後輩が入ってくれたら頼もしいですね。

事務系先輩社員の仕事 一覧

営業

マーケティング・企画

コーポレートスタッフ