人事制度

オリンパスでは「社員一人ひとりの価値の総和」を「企業価値」と考えます。
社員一人ひとりが納得いくまで自らの価値を高め、能力を最大限に発揮し、その結果として企業価値を高めるべく、様々な人事制度を整備しています。

目標管理・評価制度 MBO-S

オリンパスの人事制度は、"業績結果だけでなく、一人ひとりの成長も会社の成果である"という考え方から、自立的な挑戦と成長を重視しています。その根幹となるのが「MBO-S」(目標管理・評価制度)です。MBO-Sとは、management by objectives & self-controlの略称で、社員一人ひとりが上位方針を踏まえて主体的に業務や能力開発のテーマを考え、上司とともに業務目標として計画、実行する制度です。

社内公募制度

新たな仕事に自らチャレンジする機会を提供し、社員と会社双方の活性化を図ることを目的として社内公募制度を設けています。
社内ネットワークに希望部署を登録し面談のオファーを受ける求職型と、社内向けに募集されている職種に応募できる求人型の2種類があり、意欲と熱意に溢れる社員のキャリアプランを支援しています。

キャリアマネジメント

年に一度、3年後、5年後、10年後にどの職場でどのような仕事がしたいか、自身のキャリアプランを設定します。それをもとに上司と面談し、今後必要なスキルなどのアドバイスを受けながら自身のキャリアを形成していくことができます。

フレックスタイム

フレックスタイムとは、コアタイム(東京・八王子の場合10:15~15:30)に就業していれば、出社時間と退社時間を自由に決められる制度です。
主体性を重視する職場風土の醸成や効率の向上、心身のリフレッシュ促進を目的としています。
ただし、1カ月の所定勤務時間を満たすように調整することと、上司の事前承認が必要です。

ワークライフ・インテグレーションの推進

オリンパスでは仕事と生活の両立を目指す考え方として、ワークライフ・インテグレーション(仕事と生活の統合:WLI)を提唱しています。仕事と生活を人生における大切な要素と捉え、どちらも充実させる工夫をすることで、「職業人」として、地域社会への参画を含む広い意味での「社会人」として、また、親や子・孫である「家庭人」として、人生に幸せを感じることのできる状態を目指したいと考えています。

ワークライフ・インテグレーションの推進