ソフトウェアエンジニア科学分野(産業)アプリケーション開発

最新AIやネットワークを追求しユーザーに有用な技術を探る
専攻:電気電子情報工学 / 2017年入社

入社の動機

大学時代の専攻は、電気電子情報工学です。所属していた情報ネットワーキングの研究室では、インターネットを支える基盤技術を用いて、人や社会の役に立つ新しいネットワークシステムを実現するための研究開発をしていました。その中で、ソフトウェアだけではなく、ハードウェアやそれを使う人も含めたシステムを開発する楽しさを知り、総合的なシステム開発ができるメーカーへの就職を考えるようになりました。

そうして就職活動中に知ることになったのが、オリンパスです。医療・科学・映像の分野で、高度な技術的要求のあるスペシャリストを支える製品を開発・製造しているとあって、興味を引かれました。オリンパスであれば、他のどこでもできないような先進的な製品の開発に携われるのではという期待がふくらみました。

また、面接で研究内容をしっかり聞いてくれたことも好印象でした。自分が必要とされていると伝わってきた点が大きかったですね。出会った社員の方たちの人柄の良さや、会社全体の大らかな雰囲気が、最終的に入社への決め手となりました。

仕事の内容

入社当初に、デジタルカメラのファームウェア開発、工業用デジタル顕微鏡のソフトウェア開発を経験し、現在は工業用デジタル顕微鏡の開発を行う部署に所属しています。同部署は、製品開発と技術検討とに業務が大きく2つに分かれており、私は後者の技術検討に携わっています。

機能の製品実装を担うのが製品開発です。一方で技術検討はAIやネットワークなどの最新技術を活用して、どのような新しい価値を提供できるかという研究開発を行います。例えば、工業の製造現場では製品の歩留まりが非常に大切な指標です。AIによる認識解析技術を活用して、お客様の製造製品の歩留まりを向上させることができるのか、どれくらいの価値を提供できるのかを探っていく仕事です。

この業務では高い技術を身につける力、最新の情報を吸収していく力が求められます。それはソフトウェア開発の分野に限らず、オリンパスの持つ光学の知識や、それによって生まれる価値の実現性を知ることなども含まれます。常にまだ知らないことがあるという謙虚な心、それを知りたいと思う向上心を持つことを心がけています。進化の速いソフトウェア開発では、自分だけでできることは少ないのも事実です。ユーザーであったり、チームのメンバーであったり、他者と協力するコミュニケーション力も大切だと感じています。

やりがい

入社して早い段階で、メインとなる工業用デジタル顕微鏡の開発業務のかたわら、製品価値を向上するための有志のワーキンググループに希望して参加させてもらいました。そこで、AIによる画像認識技術を学び、それを製品に取り入れて新しい価値を出す提案・デモをする機会を得ました。納期がある開発業務と平行して新技術の学習と実装を行うことは困難もありましたが、非常にワクワクする経験でした。結果的に評価していただいたこともあって、一つの成功体験にもなりました。まだ新人だった私にそのような挑戦をさせてくれた上司や先輩には、とても感謝しています。

そこで改めて感じたのは、優れた光学技術によって作られる高精度な画像は、オリンパスの根源的な強みだということです。AIにとって精細な画像データは重要です。ソフトウェア技術者としては、例えば精度の低い画像であった場合、そこからいかにデータを取り出すかという発想をしますが、「このレンズを使えば解決するよね」といったことがオリンパスでは結構あります。逆にハードウェアだけでは難しい部分は、ソフトウェアで補う。オリンパスならではのハードウェア・ソフトウェアの技術を結集し、「今までの不可能を可能にする」開発ができることに、技術者として魅力とやりがいを感じています。

苦心していること

産業系ユーザーによるデジタル顕微鏡の用途は、実にさまざまです。そのため、共通に使えるシステムや技術はなかなかないので、それぞれのユーザーに役立つ製品を提案するのに、仮説・検証を重ね、時には分野の異なる技術者の方に相談しながら進めるのに苦心しています。

予算や納期の兼ね合いもあるので、技術を追求すればいいわけではないという背景もあります。しかし、例えば繰り返しよく使う機能の操作が不便だったら困ります。力の入れどころを見極めて、ユーザーが使うのに十分な機能を備えた製品をつくるという感覚を養うのが難しいところですね。これから経験を積むことで、高めていきたいと思っています。

職場の紹介

皆さん、柔軟で穏やかな人が多いです。ソフトウェアという成長著しい分野に身を置いているからか、先輩後輩関係なく、お互いに学び合おうという姿勢があります。新人である私を最初からエンジニアとして尊重してくれる懐の深さもあります。

開発設備に関しても、ソフトウェア・ハードウェアともに申し分ない環境で、最新のソフトウェア技術を学んでいくにしても、不自由さは感じません。技術的なことはもちろん、それ以外のことも気軽に相談しやすいので、恵まれた職場だと感じています。

学生の皆さまへ

ソフトウェア開発にはさまざまな形態があり、多くの選択肢があります。その中から、自分に合った業種・企業を見つけるのはなかなか難しいと感じているのではないでしょうか。機会があればやはり、同じ情報系の先輩社員の方から話を聞くことをお勧めします。あとは、どんなユーザーがいて、どういう仕事をするのかという観点で企業を見ていくのもいいと思います。自分がその会社で何をやり遂げたいのか、将来どうなっていたいかという目標を持って就職活動をすることが、成功への道だと思います。

オリンパスは技術志向の風土があり、技術力を磨いて成長し続けていきたい人にはお勧めできる会社です。ソフトウェア開発では、若い皆さんのほうが高い技術を持っていることも少なくないと思います。最新の技術を学び続け、新しい風をチームに吹かせてくれるような人が、仲間に加わってくれることを期待しています。