医療の未来を切り拓く
ソフトウェアエンジニアの仕事

医療事業、科学事業、映像事業を展開するオリンパスでは、多岐にわたるフィールドでソフトウェアエンジニアが活躍しています。

医療事業では従来の医療機器の組み込みソフトウェアや内視鏡業務支援システムなどのICT(情報通信技術)製品から、AIやIoT、クラウドを活用した新しいソリューション開発までを手がけています。また、科学事業では工業用内視鏡の組み込みソフトウェアや新しいソリューション、映像事業ではカメラの組み込みソフトウェア、コンシューマ向け写真管理アプリなどの開発にも携わっています。

従来のハードウェアメーカーにおけるソフトウェア開発では、ハードの要件ありきで設計、実装、検証を行うのが一般的ですが、オリンパスでは、顧客ニーズの具現化を検討する企画段階からソフトウェアエンジニアが関わることが可能です。

とくに、医療事業でのICTソリューション開発では、PoC(Proof of Concept)が行われており、試作の前段階から仮説の実証を目的とした検証やデモンストレーションを実施。プロトタイプの作成から医療現場での検証、ユーザーの意見を受けての改善、事業化に向けた実現性の検討まで、一気通貫で携わることで、技術だけでなく、ビジネス感覚を磨くことができます。

オリンパスは消化器内視鏡システムでは世界シェアトップクラスを誇っており、これまではハードウェアを中心に価値を提供し、医療現場からの信頼を得てきました。その長年にわたって培ってきた技術と医療関係者とのネットワークを活かし、さらにICT、AIによって高い付加価値を提供していくことが会社の方針にもなっています。そのためソフトウェア開発の強化が必須となっています。

近年は、内視鏡検査に関わる医療情報をクラウド上で管理し、業務の効率化を図るオンラインシステムをリリース。現在は、医療現場の検査機器を連携してデータをクラウド上で収集したり、AIを活用した検査・診断支援を行うサービスを提供したりするICT-AIプラットフォームの構築を進めています。

ユーザーとなる医療関係者の声を直接ヒアリングできる環境や、医療現場に蓄積された様々なデータをAIに活用できる環境は、内視鏡のリーディングカンパニーとして医療業界を支えてきたオリンパスならではの強みといえます。また、海外でのPoCも盛んに行われており、グローバル市場に関わるチャンスもあります。

こうした環境を存分に活かし、さらにICTを活用した新たな顧客価値を創造していく仕事は、ソフトウェアエンジニアにとって大きなやりがいを感じられることでしょう。

顧客の視点やUX(user experience)を大切にしながらコミュニケーションを重ね、顧客の課題を真に解決する製品やシステムを開発することで、医療の未来を切り拓き、世界中の人々の健康で豊かな生活に貢献したい。そんな思いに共感していただける人と、共に働けることを期待しています。

若手が活躍!チャレンジできる環境

オリンパスには年齢や社歴を問わず、チャレンジできる風土があります。
ここでは一例として、AI機能開発を行うグループの活動の一部をご紹介します。

自分が取り組みたいことにチャレンジ

部門のミッションに沿ったものであれば、勤務時間中の一定時間を、通常業務ではなく自身が取り組みたいプロジェクトに費やすことができるケースも。
他の部門を巻き込んだり、チャレンジの幅は自分次第。そこでの成果はプラス評価につながります。

例えば:

  • AIエンジニア同士の情報共有・コミュニケーションのためのコミュニティの立ち上げ
  • ソースコード共有サイトの立ち上げ
  • 海外の論文を要約して勉強会を開催し、技術開発部門の知識の底上げをサポート
  • 新しいメンバーのためにAI画像認識をかんたんに試せるツールを作成

成長をサポート

  • エンジニア同士の情報共有

    エンジニア同士の情報共有や勉強会が盛んなので、自分次第でどんどんスキルアップしていくことができます。

  • 社外のコンテストへの参加を推奨

    内閣府が開催したAIチャレンジコンテストで優勝したメンバーやデータサイエンティストの大会で銀賞を受賞したメンバーも。

  • 専門分野のセミナーを開催

    社内で参加できるセミナーも複数用意しています。
    2019年実施例:新人研修、オブジェクト指向研修、スクラムマスター研修など

( 入社2年目のソフトウェアエンジニアにきいた );
仕事のやりがい

ソフトウェアエンジニアとして
日々成長を実感できる

  • 大規模システムでの開発を経験
  • AIの最先端技術を学べる!海外学会参加のチャンスも!
  • 組み込みからWebアプリまで、幅広いソフトウェア開発に関われる!

製品(モノ)への付加価値を
付けられる

  • オリンパスのモノづくりは世界トップクラス。
    トップクラスの製品にソフトウェアで付加価値を付けられる!
  • 多くのシェアを握っているオリンパス!
    様々なニーズに応えることができる!ワクワクが止まらない!

しっかりとした
教育体制がある

仕事で必要な知識は入社してからでも十分鍛えられる

"やりたい"を
受け止めてくれる職場

挑戦したい気持ちさえあればどんなことも可能

ここでしか
できないことがある!

3つの事業で世界トップレベルのシェアを持っている会社だからこそできることがある

イノベーションが生まれる場

宇津木事業所には、コーヒーを片手にリラックスした環境でアイデアディスカッションができるコワーキングスペースや、内視鏡などの実機を使ったデモや操作体験を通じて新たな発想を生み出すことができるハンズオンスペース、講演会やセミナーなどイベントの開催ができるシアター形式のプレゼンテーション施設などを備えたAtelier X(アトリエクロス)があり、社員は自由に利用することができます

先輩社員の仕事

オリンパスでソフトウェアエンジニアとして働く先輩社員を紹介します。

関連リンク