用語集

医療事業

早期診断・低侵襲治療

オリンパスの医療事業が貢献する2つの価値。内視鏡により病変部を発見し、診断する「早期診断」、患者さんの負担が少ない「低侵襲治療」。オリンパスはこれら2つに関連した技術を相互に発展させ、患者さんのQOL(Quality of Life:生活の質)向上と、世界的に増加傾向にある医療コストの抑制に貢献しています。

消化器内視鏡

1950年に実用化された胃カメラと、それに続く消化器内視鏡は、口、鼻、肛門など、自然の開口部から挿入され、病変部の診断・治療に使用されています。


世界初の実用的な胃カメラ


ファイバースコープ


ビデオスコープシステム

処置具

内視鏡による診断・治療のための器具で、内視鏡の中にある細いチャンネルを通して使用されます。病理診断を行うために組織の一部を採取する生検鉗子(かんし)や、胃や大腸のポリープなどの病変部位を切除するために使われるスネア、止血用のクリップなど、幅広い用途にあわせた使い方があります。


生検鉗子


スネア


止血用クリップ

内視鏡外科手術

従来の開腹手術に代わり、腹部に数箇所小さな穴を開けて外科内視鏡で体腔内を見ながら、鉗子(かんし)や電気メスなどを使って治療する手法。開腹手術に比べ、傷跡が小さく術後の疼痛も少ないため、患者さんへの身体的負担が軽減され、また、入院期間も短くなることで経済的な負担の軽減にも繋がると言われています。内視鏡外科手術は消化器科、呼吸器科、泌尿器科、婦人科などの各分野に普及し、研究と応用が進んでいます。

胆のう摘出術における比較


開腹手術


内視鏡外科手術

エネルギーデバイス

電気メスなど内視鏡外科手術で使用される器具の一種で、エネルギーにより動作するもの。組織の切開能力に優れた超音波エネルギーデバイスや、止血能力に優れた高周波エネルギーデバイスなどがあります。

高周波エネルギーデバイス:高周波電流をエネルギー源とした、止血能力に優れたデバイス

超音波エネルギーデバイス:電気エネルギーを超音波の振動に変換し、切開能力に優れたデバイス


右:ジェネレーター(高周波焼灼電源装置と超音波凝固切開装置)

レゼクトスコープ

前立腺肥大症や膀胱腫瘍の診断・治療で使用される医療機器。例えば尿道から挿入され、生理食塩水下で、手元のハンドルでループ型の電極を操作して、肥大した前立腺や膀胱腫瘍を切除する手技(TURis:生理食塩液下経尿道的切除術)などで使用されています。


(左から)レゼクトスコープ、陰茎からレゼクトスコープを入れて前立腺を削り取る様子、削った後の様子

デブリッター

鼻科領域における副鼻腔粘膜や鼻骨など、生体組織の切除・吸引・切削に使われる治療機器。内視鏡下副鼻腔手術(ESS:Endoscopic Sinus Surgery)で、例えば慢性的な副鼻腔炎(通称:蓄膿症)などの治療で使用されています。

副鼻腔:鼻の周囲の骨にある鼻の中に通じている大小さまざまな空洞のこと


マルチデブリッター

科学事業

生物顕微鏡

オリンパスの創業事業。現在では教育用や検査用の顕微鏡から、生命科学のハイエンドの研究システムまで、さまざまなニーズに応える多彩な製品ラインアップを取り揃えおり、生命科学研究の発展に貢献しています。


顕微鏡を覗いている様子


共焦点レーザー走査型顕微鏡「FV3000」

工業用顕微鏡

主に半導体検査やスマートフォンなどのデバイスに使用される微細な電子部品の検査などで使用されています。また、非接触で三次元測定や粗さ測定ができる高精度な測定機器のラインアップも取り揃えています。


工業用顕微鏡「DSXシリーズ」

工業用内視鏡


工業用内視鏡「IPLEX RX」

パイプや機械、構造物の内部をはじめとした人間の目が行き届かないところの高精度な観察・検査で使用されています。消化器内視鏡で培った技術をベースに、メンテナンス現場で必要とされる計測機能や耐久性、長尺スコープなどを取り揃えています。


航空エンジン内部を検査している様子

非破壊検査機器


超音波フェーズドアレイ探傷器「Omniscan SX」シリーズ

超音波などの音波を当て、溶接部検査から、金属、プラスチックなどの内部にある、目に見えない欠陥検出、材料表面の欠陥検査など、さまざまな用途で使用されており、航空機の機体やエンジン、道路や橋梁・高架、発電設備、パイプライン、上下水道などの社会インフラやライフラインの保守点検で活用されています。


航空機の機体表面を検査している様子


プラントの配管を検査している様子

X線分析装置


蛍光X線分析計「VANTA」シリーズ

金属・合金、鉱物、地質、消費財などの物質特性の定性的・定量的解析が可能で、製品の安全性試験、学術分野やその他一般の産業分野において、生産・品質管理、法令遵守、研究開発など、さまざまな目的で広く使用されています。


部品の成分元素を検証している様子


金属材料の品種判定をしている様子

映像事業

ミラーレスカメラ


ミラーレス一眼 OLYMPUS PEN E-P1

レンズ交換式カメラのうち、従来の一眼レフカメラと違い、ミラーボックスをなくすことで、ボディーの大幅な小型化・薄型化を実現しています。2008年に世界で初めて発売され、オリンパスも2009年に初のミラーレスカメラ「OLYMPUS PEN E-P1」を発売しました。

マイクロフォーサーズシステム

オリンパスとパナソニックによって策定されたミラーレスカメラの規格。ボディーや交換レンズの小型化と高画質性を両立させるため、4/3型(フォーサーズ)センサーを採用していることが特長です。当社のミラーレスカメラOM-DシリーズやPENシリーズに採用されています。

ボディー内5軸手ぶれ補正


世界最高レベルの性能を誇るボディー内5軸手ぶれ補正

オリンパスがレンズ交換式カメラとしては世界で初めて開発した撮影時に発生する手ぶれ(角度ぶれ2種類、シフトぶれ2種類、回転ぶれ1種類)を補正する技術。強力な手ぶれ補正効果により、暗い場所や望遠撮影時も手ぶれを気にすることなく、手持ちで撮影が楽しめます。

OM-Dシリーズ


ミラーレス一眼 OLYMPUS OM-D E-M1

デジタル専用設計と最先端テクノロジーで、小型軽量とフルサイズ一眼レフに匹敵する最高画質を両立させた本格的な一眼システムカメラです。OM-Dの小型軽量デザインは、ブランドのルーツであるフィルムカメラのOM-1が発売された1973年から一貫しており、最新のデザインコンセプトと技術を融合させた先進的なフォルムを実現しています。

PENシリーズ


ミラーレス一眼 OLYMPUS PEN-F

1959年に誕生したPENシリーズは、ハーフサイズによる小型軽量化や美しいデザインなど、凝縮された独創的な発想で、カメラ大衆化の先駆けとして一世を風靡(ふうび)し、"筆記具のペンのように手軽に持ち歩けるカメラ"として一大ブームを築きました。 2009年にはフィルム版のコンセプトを引き継いだミラーレスカメラとして復活し、その「こだわりのデザイン」「優れた携帯性」「豊かな表現力と最高の画質」が高く評価されています。