オリンパスクロームシックスIIIA

クロームシックスIの後継機として登場したのは、昭和26年(1951年)発売のオリンパスクロームシックスIIIA。
オリンパス技術陣の総力を結集し、徹底した改良が加えられました。
装填されたフィルムの両端を引っ張ることでたるみを取り、平面性を確保するフィルム面安定装置。世界初となるこの技術は、「ピントの良いオリンパスカメラ」を支える技術のひとつとして後続の機種に引き継がれました。価格は16,000円。