カメラミュージアム:デジタル一眼レフ

ダストリダクションシステム開発

圧倒的な高画質で、デジタル一眼レフ市場に大きなインパクトを与えたC-1400L。オリンパスはこのカメラを皮切りに、高性能ズームレンズを搭載したレンズ固定式デジタル一眼レフシリーズを展開。そして2003年には、レンズ交換式のデジタル一眼レフ市場に参入します。
フォーサーズシステム規格に準拠したデジタル専用設計の小型高性能レンズシステムや、広いダイナミックレンジと豊かな階調表現を特長とするフルフレームCCDを採用。プロにも認められる高画質のレンズ交換式デジタル一眼レフシステムが誕生しました。
また、レンズ交換時に入った塵やごみがイメージセンサーに付着し、写り込んでしまう問題を解決する、ダストリダクションシステムを開発。レンズ交換式デジタル一眼レフの宿命的ともいえる欠点を見事に解決し、高い評価を獲得しました。