オリンパスペンFT

昭和41年(1966年)発売のオリンパスペンFTは、オリンパスペンFの外観を変えることなくTTL露出計を内蔵したモデル。
カメラを被写体に向けると、セットされているシャッタースピードに応じて適切な絞り番号がファインダーに指示されるTTLナンバー方式の露出制御システムを採用。このほか、一回巻き上げへの変更、セルフタイマーの内蔵など、さまざまな改良が行われました。価格は39,800円。