カレンダー撮影記:マダガスカル 第4話

第4話:ワオキツネザルがのんびり日向ぼっこ。そんな光景がいつまでも続くよう願う。

朝日が昇り、森を暖かな日差しが包み込んでいる。木の上に、何ともリラックスした格好で日向ぼっこをするワオキツネザルがいた。夜の乾燥で冷えてしまった体を温めているのだ。ワオキツネザルはその名のとおり、白黒のシマの輪になった尾を持つ。鳴き声はネコに似ていることもある。「あれ、森の中にネコ?」と錯覚することがあるくらいだ。

ワオキツネザルは、マダガスカルだけに生息する。マダガスカルの野生動植物はおよそ25万種にも及ぶが、その80%ほどが、ここにしか生息していない固有種だ。はるか大昔、ゴンドワナ大陸の分裂が進むなか、アフリカ大陸とインド亜大陸にはさまれていた部分が分離して以降、マダガスカル島は他の大陸と地続きになった歴史がないまま現在に至ったといわれている。だから、他の地域では見られない、独自の生態系を保っているのだ。


ワオキツネザル 野生動物図鑑


ワオキツネザル 野生動物図鑑

彼らが棲み家としているのは、人が手をつけていない自然林。木がボサボサと不揃いな、一見荒れているような森にいる。人が整備した植林の森は、美しくは見えるが、そこに動物たちはいない。森ならどこでもいいわけではないのだ。いまマダガスカルには、わずかしか自然林が残されていないという。


ワオキツネザル 野生動物図鑑