カレンダー撮影記:ナミビア 第10話

第10話:エトーシャ国立公園編-1:月が残る夜明け、キリンが水たまりを歩いていた。

7月半ば、僕はナミビア北部にあるエトーシャ国立公園にやって来た。ここは、さまざまな野生動物が生息する、広大な自然保護区だ。エトーシャとは「大きな白い場所」とか「水の乾いた場所」とかを表すといい、広い敷地の3分の1ほどを、白く塩を吹いた湿地が広がっている。これは巨大な塩湖が干からびた跡で、雨季には水がたまることもあるが、1年のほとんどはカラカラの状態だ。なにしろ広いうえに、公園内は動物がいるためクルマの制限速度が決められていて、移動するのに非常に時間がかかる。ここでは1週間ほどの撮影日程なのだが、効率よく取材するため、宿泊するロッジを3カ所に変えることにした。エトーシャ国立公園の撮影初日、僕は夜明けとともに撮影に出発した。この年の雨季は例年になく雨が多かったそうで、湿地帯には大きな水たまりが広がっている。薄明かりの空にはまだ、月がうっすらと残っている。その水たまりをキリンが歩いている。後ろの方にはキリンの子どもがついて来るのだが、水の中を歩くことをためらっているのか、母親との距離が離れていく。僕はクルマを動かしてはキリンを撮影し、またクルマを動かしては撮影しと、何度も繰り返した。キリンは脚が長いからリーチも大きく、けっこうな距離を歩いた。そして水たまりの真ん中あたりまで来ると、水を飲んだ。真ん中の水の方がきれいでおいしいのだろうか。それにしても幻想的な美しい光景だった。


ケープキリン