カレンダー撮影記:パンタナール 第7話

第7話:ジャガーの決定的瞬間をスクープ!森の中はきっと、ワニの墓場だろう。

ジャガーは地球上で最も美しい動物のひとつだと思う。しなやかで逞しいフォルムといい、ハンサムな顔立ちといい、すっかり虜になった。

僕はジャガーを見つける達人であるガイドのMr.ジャガーとボートに乗り、ジャガーが森から水辺に出てくるのを待っていた。乾季はジャガー目当ての観光サファリボートが多く、僕たちの前を横切っていく。観光ボートの縁には、砲列のようにカメラが並んでいる。観光客たちはジャガーを待つ間、自分が持ってきたカメラの自慢話をしている。彼らから話しかけられた僕は動物写真家だと答えると、「プロなのに、何でそんなに小さなカメラなんだ?」と訝しげな顔をされた。


パンタナールの川


木の上のジャガー

川を上り下りしながら、ジャガーを探索する。Mr.ジャガーはボートのエンジンを止めると、耳をそばだてた。森の声を聞いているのだ。鳥が騒げば、近くにジャガーがやって来たのかもしれない。彼は何かを感じたかのように、再びボートを走らせた。蛇行する川のコーナーを回ったところで、僕に向かって、「あそこを見ろ」とでも言うように、ある木のほうを指差す。なんと木の上には、大あくびをしているジャガーがいた。木の上にいるジャガーと出くわすのは、たいへん珍しい。Mr.ジャガーも長いガイド歴のなかでもとても珍しいと言う。実に貴重な姿を捉えることができた。このときばかりはMr.ジャガーも、自分のカメラを取り出して撮影していた。


ジャガー 野生動物図鑑

それから一週間ほど経ったある日も、僕たちはボートに乗ってジャガーを待っていた。午前中、一頭のオスが現れ、また森に引き返した。僕たちは川の半ばでイカリを下ろし、お弁当を食べることにした。そのとき、猛烈な水しぶきの音がした。岸辺を見やったとたん、僕はお弁当を放り投げ、カメラを掴んだ。ジャガーが崖から川に飛び込んで、大きなパラグアイカイマンに喰らいついたのだ。一撃のもとに仕留めると、森に引きずり込んだ。森の中はきっと、ワニの墓場になっているに違いない。


パラグアイカイマンを仕留めるジャガー