カレンダー撮影記:パンタナール 第8話

第8話:大きなピラニアを捕ったぞー。オオカワウソは喜びを素直に表す動物だ。


オオカワウソを撮影する岩合光昭さん


オオカワウソ


オオカワウソ 野生動物図鑑

パンタナールで僕がぜひとも撮影したかった野生動物が、絶滅危惧種でもあるオオカワウソだ。カワウソのなかでは世界最大で、体長2mくらいになるものもいる。岸辺に掘った穴や倒木の下で巣づくりをして子どもを育て、群れで生活している。 彼らはたいへんな大食漢で、ピラニアなどの魚類や甲殻類、ヘビなどを一日に3~4kgも食べる。ふつう動物は手を使わずに食べるが、彼らは手掴みだ。食べっぷりは実に豪快で、バキッバキッと噛み砕く音が聞こえてくる。魚が乏しいときは集団でワニを襲うこともあり、川のオオカミとも呼ばれている。

こう紹介すると、獰猛な印象をもたれるかもしれないが、オオカワウソは、僕が地球上で好きな動物のベスト10に入れたいほど興味深い。彼らを見ていると、喜びを素直に体現しているように思える。僕はそこが好きだ。


オオカワウソ

彼らはキキキと騒ぎながら、俊敏な泳ぎで魚を追いかける。捉まえると水面から顔を出し、何ともうれしそうな表情をする。大きな魚を捉まえたときには、「おーい、こんなの捕ったぞー」と自慢しているように見える。仲間はそれを羨ましそうに見ている。子どもは「ボクにもちょーだい、ちょーだい」とおねだりをする。

僕がボートに乗って撮影していると、いきなり近くで坊主頭をぬっと出すことがある。自分が出てきたくせに、「こんなところにヒトが!」と驚いたような顔をする。明らかに僕の視線を意識しているはずなのに、目を合わせようとはしない。頭をボリボリとかいているときは、何ともリラックスした気持ちよさそうな顔をしている。

オオカワウソは表情豊かな動物だ。その一瞬一瞬を逃したくないと、僕はシャッターを切り続けた。


オオカワウソ


オオカワウソ