カレンダー撮影記:パンタナール 第12話

第12話:ハッと気づいたら、パラグアイカイマンの目玉が、僕のすぐ横に!パンタナールでの撮影は、最後まで興奮の連続だった。

そろそろパンタナールともお別れという朝、僕は迫力あるパラグアイカイマンの写真を撮りたいと、川に出かけた。川は、昇ったばかりの朝日を浴びてキラキラと輝いている。すると、水の中にいたパラグアイカイマンが大きく背中をそり返らせ、ウォと吠えながら体をブルッと震わせた。水しぶきがシャーッと飛び散った。これは、彼らにとって目覚めの儀式のようなものだろうか。僕が見た限り、やるのは必ず朝いちばんで、それも一回しかやらないのだ。

パラグアイカイマン

岸辺にはたくさんのパラグアイカイマンが寝そべっていた。彼らはけっこう敏感だ。近寄りすぎると、水の中に逃げてしまう。僕は自分も腹ばいになり、カメラを構えながら、そーっとほふく前進して近づいた。ぜひともアップで撮りたい。もっともっと近寄れないか。そのときだった。ファインダーにいるワニの目玉が動いた。明らかに、こちらを気にしている目玉だった。どうやら僕は夢中になって、彼に近づきすぎたようだ。気づけば、僕のからだは彼と添い寝するような格好になっていた。こんなに近寄ってしまって、僕も驚いたが、彼もこわかったにちがいない。ごめんね、パラグアイカイマン。そのあと、彼は何事もなかったように、すーっと川の中に入っていった。

パラグアイカイマン

ロッジに帰って、このときの写真を見たら、パラグアイカイマンの歯がキレイなことに驚いた。撮りたかった写真が撮れたが、からだは痛痒くて仕方ない。這いつくばっている間、ハエのような虫にたくさん噛まれたのだ。


パンタナールの夕景

僕はこれまでさまざまな地で撮影取材を行ってきたが、初めて訪れたパンタナールの大自然には圧倒された。一年の半分が洪水となるパンタナールの自然は、経験したことがないものだった。水も大地もエネルギーに満ちあふれ、野生動物たちはストレスを受けていないのか、生き生きと輝いて見えた。語り尽くせないほどの感動の出会いを胸に、僕はパンタナールをあとにした。