ページの先頭です




本文の始まりです


1999年 2月16日
更新日:1999年 6月 7日
超200万画素クラスのデジタル高画質もズーム時代に突入!
総画素数211万画素、しかも大口径でF2.0の明るさを誇る高性能光学3倍ズームレンズ搭載
高級コンパクトデジタルカメラ「CAMEDIA C-2000ZOOM」
~高級感溢れるコンパクトボディーに本格的なレンズ、多彩な撮影機能を搭載~
C-2000ZOOM
「CAMEDIA C-2000ZOOM」
総画素数211万画素1/2インチCCD、大口径F2.0の明るい光学3倍ズームレンズを搭載した、高級コンパクトデジタルカメラ「CAMEDIA C-2000ZOOM」(希望小売価格:113,000円)を1999年 4月 8日より新発売いたします。
今までの「CAMEDIA」コンパクトシリーズに更に磨きをかけ、小型軽量で高級感溢れるメタリック外装を施したボディーに、絞り優先・シャッター優先など本格的な撮影機能を多数盛りこみ、いよいよ画質・機能とも本格的なデジタルカメラとして登場します。
98年のデジタルカメラ市場は、100万画素以上のメガピクセル機が各社から市場に出揃い、世界規模で急速に拡大し、依然その勢いはとどまるところを知りません。特に10万円台では初のメガピクセル機となった「CAMEDIA C-1400L」に続く当社のベストセラーデジタルカメラ「CAMEDIA C-900ZOOM」は、画素数だけに頼らない総合的な意味での高画質や使いやすさ等を徹底的に追求したコンパクトデジタルカメラとして、発売以来絶好調の売れ行きを見せ、多くのユーザーの皆様から絶大なる賞賛の声をいただいております。
この度新発売する「CAMEDIA C-2000ZOOM」は、当社が蓄積してきた高画質のための技術をさらに進化させた超高画質ズーム機として、銀塩カメラに匹敵する本格的な撮影機能を満載しながら、同時に「モノ」としての質感を満たした新カテゴリーの高級コンパクトデジタルカメラです。
撮像素子には、従来のCCDよりもさらに高精細化を実現した211万画素1/2インチCCDを採用しています。この微細化されたCCDの性能をフルに生かすために、「大口径のクリアなレンズでいかに多くの光を採り込むか」という点を徹底的に追求し、「C-900ZOOM」で採用したマルチバリエーター3倍ズームレンズをさらに改良し、大口径でかつコンパクトズームデジタルカメラとしては初めてF2.0と非常に明るい、高解像度の3倍ズームレンズを搭載しました。このため、解像力と表現力が非常に高い、比類なき高画質を得ることができます。測光方式には、独自のデジタルESP測光及びスポット測光を採用、逆光時などの難しい撮影条件下でも失敗のない自然な画像を得ることができます。
「C-2000ZOOM」は、小型軽量で携帯性に優れているだけでなく、自然に手になじむ心地よいグリップデザインやアルミニウム合金によるメタリック外装を採用し、シンプルでありながらカメラ本来が持つ高級感を醸し出しています。また、絞り優先・シャッター優先・スローシンクロ・ISO感度設定機能等、銀塩カメラで培ってきた多くの「写真技術」を採り入れることにより、撮影者の意図を充分に反映できるデジタルカメラとしてお使いいただけます。さらに、多彩な機能を使いやすくするためのメニュー表示など、最新のユーザーインターフェースを搭載し、画質はもちろん、デザイン・機能性・操作性すべてにおいて自信を持ってお勧めできるデジタルカメラです。
記録媒体には3.3Vスマートメディアを採用しています。「C-2000ZOOM」は、大容量32MBまで対応いたします。本体には8MBが同梱され、最大122コマ(SQモード:640×480ピクセル使用時)の撮影ができます。別売のフロッピーディスクアダプタ「MAFP-2」、PCカードアダプタ「MA-2」をご利用いただければパソコンへの画像データ転送も簡単に行えます。また、当社のデジタルフォトエディタ「VS100ST/VS100MO」に差し込み、パソコンレスで画像データの加工・編集や保存できます。さらに、当社のデジタルカラープリンタ「CAMEDIA P-330」に直接差し込めば、簡単に高画質プリントが得られます。
商品名 メーカー希望小売価格(税別) 発売日
CAMEDIA C-2000ZOOM 113,000円 1999年4月3日
「CAMEDIA C-2000ZOOM」の主な特長
1. 超高画質
 
● 総画素数211万画素、1/2インチCCDを採用
撮像素子には総画素数211万画素(有効画素数202万画素)の1/2インチCCDを搭載しているため、よりいっそう、高精細、かつ高品位な画像表現が可能になりました。
● F2.0の明るい大口径3倍ズームレンズの搭載
  「C-900ZOOM」で採用したズームレンズに改良を加え、CCDの多画素化・高精細化に対応させ 、F2.0-2.8とさらに明るく大口径のマルチバリエーター(1)6.5~19.5mm(2)3倍ズームレンズを搭載しました。この光学系はクラス最高の明るさを誇るズームレンズで、画素が微細化されるCCDの性能をフルに引き出すことに成功し、今までになく高精細なデジタル写真の撮影が可能になりました。
  *1: レンズ収差、周辺光量差などを最小限に抑え、高いレベルの画質を達成する光学系を実現した当社独自の光学ズームレンズ方式で、C-900ZOOMに初めて搭載されました。
*2: 35mmフィルム換算で35~105mm相当
2. 小型軽量、高級感溢れるメタリックボディー
  携帯性を重視し、左右幅わずか107.5mm、重量305gと小型軽量化を実現しました。本体は一部アルミニウム合金によるメタリック外装を採用し、質感を重視したデザインとなっています。また、撮影時の手ぶれを最大限に抑えられるように、自然に手になじむ工夫をしたグリップ部分、多彩な機能を簡単に呼び出せるダイヤル式のモード選択ボタン等、細部にまで操作性を意識したデザインを採用しています。
3. 撮影者の意思が写真に反映できる多彩な撮影機能
 
● 絞り優先モード
広角側はF2.0-F11.0、望遠側はF2.8-F11.0まで、絞り値を1/3段毎の精度で自由に設定できます。背景をぼかしたり、画面全体にピントのあったパンフォーカスの写真を撮影するのに便利です。
● シャッター優先モード
  1/2~1/800秒まで、シャッター速度を1/3段毎の精度で自由に設定できます。動きの速い被写体の一瞬の表情を捉えたり、川の流れや水の動きを捉えたり、独特な雰囲気のある写真を撮影できます。
● 適正露出が得られる2種類の測光モード
  独自のデジタルESP測光方式により、逆光時や被写体と背景の輝度差が大きい撮影場面でも自然な写真を撮ることができます。被写体の狙いの部分に確実に露出を合わせるスポット測光機能も搭載し、写真に撮影者の意図をより反映できます。
● スローシンクロ設定機能
  4種類のフラッシュモード(オート発光、赤目軽減発光、発光禁止、強制発光)に加え、先幕シンクロ効果及び後幕シンクロ効果を設定できます。暗い室内や夜景をバックにした人物撮影、光の流れや残像を自然に描写したい時の撮影に効果的です。
● 外部フラッシュ用同調信号端子の搭載
  内蔵フラッシュに加えて、外部フラッシュの接続により大光量の撮影ができ、フラッシュ使用範囲がいっそう広がります。(外部フラッシュ推奨品は当社ホームページをご参照ください)
● 3段階のISO感度設定
  撮影シーンに合わせて、CCDのISO感度を約100、2倍感度アップ(約200)、4倍感度アップ(約400)の中で自由に設定ができます。室内やフラッシュを使えないシーンでの撮影や、ズーム使用時の手ブレを抑えるのに便利です。
● 4段階のマニュアルホワイトバランス設定
  オートホワイトバランスの他に、昼光、曇天、白熱灯、蛍光灯の4段階の色温度が設定できるため、常に適正なカラーバランスの下で撮影ができます。
● 被写体に合わせて設定できるフォーカス
  オートフォーカスの他に、∞、2.5mの設定ができます。動きの速い被写体やオートフォーカスの難しい被写体などにはあらかじめ距離を設定しておくと、きちんと捉えることができます。
● 1/3段ごとの露出補正
  プログラム露出制御の他に、±2段の範囲で±1/3段毎に設定できる露出補正を搭載しているため、より撮影者の意図を反映した写真が得られます。
● 3ステップのデジタルテレモード
  1.6倍、2倍、2.5倍のデジタルテレモード(SQモード:VGAまたはXGA)を搭載しています。光学3倍ズームと合わせて最大7.5倍のズーム撮影が可能になりました。
● 45枚以上の連写・次のレリーズまで待たせない速写
  連写モードでは2コマ/秒(SQモード:VGA)で45枚以上(SQモード:VGA)の撮影ができます。また、速写性能をより向上させ、通常の撮影モードでもシャッターボタンを押してわずか1~2秒後には次のシャッターを切ることができます。シャッターチャンスに強いデジタルカメラとしてお薦めできます。
4. 大容量32MBにも対応。記録メディアは3.3Vスマートメディア
 
● 最大容量32MBスマートメディアにも対応
本体には3.3Vスマートメディア標準カード(パノラマ合成機能付、8MB)を同梱。大容量32MBスマートメディアにも対応しています。
● パソコンへの簡単インターフェース
  3.3Vスマートメディアを差し込むだけで、通常の3.5インチフロッピーディスクと同じ感覚でパソコンに画像を簡単に取込むことができるフロッピーディスクアダプタ「MAFP-1N」やノートパソコン用のPCカードアダプタ「MA-2」で、ケーブル接続をしなくてもパソコンへの画像転送が簡単にできます。
● ファンクションモード対応
  当社のスマートメディアは画像記録媒体としてだけでなく、ファンクションカードとしてもご使用いただけます。同梱の標準カード(8MB)にはパノラマ合成機能を付属しており、オリジナルソフト「CAMEDIA Master」を使って一枚のパノラマ写真を作成できます。そのほか、撮影画像をカレンダーに貼り付ける「カレンダーカード(4MB)」、撮影画像を簡単に内蔵のイラストと合成できる「テンプレートカード(4MB)」、撮影画像と手書き文字や手書きイラストを合成し、オリジナルカードを作成できる「手書きタイトルカード(4MB)」を別売品としてご用意しています。
5. 画像記録方式にはデジタルカメラ統一規格を採用
  画像記録方式には、非圧縮のTIFFに加え、日本電子工業振興協会で制定されたカメラファイルシステム規格「Design rule for Camera File system」に準拠するJPEGを採用。また、プリントしたい画像を選択して記録できるDPOF(Digital Print Order Format)規格にも対応します。これにより他社メーカーの機器との互換性が向上し、大変便利になりました。
6. パソコン接続キット(別売)もアップグレード
  別売のパソコン接続キット「C-6KP」には、画像をパソコン上で扱う際にも見やすい画面構成で好評をいただいている独自の「CAMEDIA Master1.0」を新フォーマット「Design rule for Camera File system」に対応させた「CAMEDIA Master1.1」、並びにバンドルソフトとしてアドビシステムズ(株)の「Photo Deluxe for business」をご用意しました。新フォーマットに対応する他社のデジタルカメラで撮影した画像も幅広くご使用いただけます。
7. その他のオプションも充実
 
● デジタルカラープリンタ「CAMEDIA P-330」(別売)で写真画質ホームプリント
当社の昇華型デジタルカラープリンタ「P-330」(別売¥64,800、発売中)には、スマートメディアスロットが搭載されており、ケーブル接続なしに直接印刷できます。また、パソコンなしでも手軽に高画質なA6サイズプリント、4/9/16分割プリント、トリミング、シャープネスなどの簡単な調整が楽しめます。
● リモコン「RM-1」を同梱
  離れたところからでもレリーズやズーム操作ができるリモコン「RM-1」を標準品として同梱いたしました。カメラとTVモニタをつなげて画像の切換えや拡大もでき、プレゼンテーションなどに便利です。
● コンバージョンレンズアダプタ(別売)のご用意
  コンバージョンレンズアダプタ「CLA-1」(別売¥2,000:4月発売)を使って、現在発売中のCAMEDIA専用コンバージョンレンズ類(テレ「TCON-14」¥10,000、ワイド「WCON-08」¥17,000 、マクロ「MCON-40」¥11,000)と組み合せてお使いいただけます。いっそう撮影領域が広がり、撮影の楽しさを実感できます。
  ※オプション価格
製品名 メーカー希望小売価格(税別) 発売日
パソコン接続キット:
C-6KP
12,000円 1999年 4月 8日
コンバージョンレンズ
アダプタ:CLA-1
2,000円 1999年 4月 8日
主な仕様
オリンパス光学工業株式会社は、2003年10月1日をもってオリンパス株式会社と社名変更いたしました。
  • 本リリースに掲載されている内容は、報道関係者向けに発表した情報です。
  • 掲載内容は、発表日現在の情報であり、ご覧になっている時点で、予告なく情報が変更(生産・販売の終了、仕様、価格の変更等)されている場合があります。
  • 掲載されている社名、製品名、技術名は各社の商標または登録商標です。


本文の終わりです





Copyright OLYMPUS CORPORATION All Rights Reserved.