ページの先頭です




本文の始まりです


2001年 3月21日
コンパクトなボディにF2.8-3.5の
明るく高性能な光学式10倍ズームレンズを搭載
フルオート撮影から高度な撮影にまで対応した
『超望遠デジタルカメラ』をさらに身近に
「CAMEDIA(キャメディア)C-700 Ultra Zoom」新発売
CAMEDIA C-700 Ultra Zoom CAMEDIA C-700 Ultra Zoom 背面
前面 背面
「CAMEDIA C-700  Ultra Zoom」
オリンパス光学工業株式会社(社長:岸本 正壽)は、F2.8~3.5の明るく高性能な光学式10倍ズームレンズ(35ミリフィルム換算38-380mm相当、最大約2.7倍デジタル・シームレスズーム併用で1000mm相当までの撮影可能)を、操作性に優れたハンドリングの良いコンパクトなボディに搭載し、フルオート撮影から高度な撮影にまで幅広く対応した超望遠デジタルカメラ「CAMEDIA C-700 Ultra Zoom」を、希望小売価格75,000円という今までの10倍ズーム機種よりも更に身近な価格で4月21日から発売します。
当社は昨年8月に、銀塩カメラの世界では大型で高価となってしまうF2.8~F3.5という明るい光学式10倍ズームレンズを搭載した、大望遠の世界を高画質で提供する「CAMEDIA C-2100 Ultra Zoom」を発売し、デジタルカメラならではの新しい価値を提案してきました。
今回発売します「CAMEDIA C-700 Ultra Zoom」は10倍ズームの価値をさらに多くの皆様に楽しんでいただけるように、211万画素CCDの性能を充分に引き出した高画質はそのままに、ボディのさらなる小型・軽量化をはかり携帯性を大幅に向上させ、価格も75,000円という今までの10倍ズーム機種に比べてさらに身近な価格を実現し、感性を揺さぶる10倍ズームの迫力ある撮影を、より身近に楽しんでいただけるデジタルカメラとなっています。デジタルズームと併せれば35mmフィルム換算で1000mm相当の撮影も可能ですので、迫力のある超望遠での撮影も気軽に行えます。
「CAMEDIA C-700 Ultra Zoom」は、小型・軽量なボディにiESPオートフォーカスやiESPオートホワイトバランス、デジタルESP測光、また、ポートレート撮影モードやスポーツ撮影モードなど高度なオート機能を搭載していますので、高画質で迫力のある光学式10倍ズームの撮影を身構えることなく楽しむことができます。さらに、マニュアル露出モードや自動的に露出を変えて複数カットを撮影するオートブラケット機能、マルチスポット測光、ワンタッチホワイトバランスなど多彩な本格撮影機能を搭載していますので、撮影者の意志を反映させた高度な撮影を行う事も可能です。また、今回、メニュー画面を一新し、多彩な機能設定も素早くできる使いやすい構成とし、さらにAEロックボタンは使用頻度の高い機能を登録するカスタムボタンとしても利用することができるなど、使いやすさを格段に向上させています。その他、簡易動画撮影、セピアカラー、モノクロ撮影モード、白板・黒板撮影モードなどデジタルカメラを楽しんでいただくための機能を満載しています。
明るい光学式の10倍ズームレンズを小型軽量のコンパクトなボディに搭載し、しかもより身近な価格での実現は、まさにデジタルカメラならではの特長を最大限に引き出したもので、銀塩カメラで培った画質へのこだわり、そして快適な操作性に加え、デジタルだからこそ可能になるカメラのかたちを今後とも当社は積極的にご提案していきます。
発売の概要
製品名 メーカー希望
小売価格(税別)
発売日
デジタルカメラ
「CAMEDIA C-700 Ultra Zoom」
75,000円 2001年 4月21日
主な特長
明るく高性能な光学式10倍ズームレンズをコンパクトなボディに搭載
幅107.5mm×高さ76mm×長さ77.5mm(突起部含まず)、重さ310.5グラムという小型・軽量なボディに、両面非球面レンズを1枚、ガラス非球面レンズを1枚採用し、小型化をはかりながら、F2.8~3.5という明るさを実現した高性能な光学式10倍ズームレンズを搭載しています。気軽に携帯可能なコンパクトデザインとなっていますので、日常の中でも今までとは違ったアングルで、あるいは今までは近寄りきれなかった被写体まで、10倍ズームを使って思いのままの撮影が可能です。また、デジタルシームレスズームを併用すれば約27倍、35ミリフィルム換算で1000ミリ相当までの超望遠撮影も可能です。 気軽な記念写真から式典やイベントなどでの撮影まで、幅広い撮影がお楽しみいただけます。
ズームレンズの構成イメージ
高性能な基本機能を搭載
  • 高性能ズームレンズと211万画素CCDで高画質を実現
    撮像素子には総画素数211万画素の1/2.7型(インチ)CCDを搭載。このCCDの性能を最新設計の高性能レンズによって充分に引き出し、高精細で高品位な画像を実現しています。画像サイズも最大の1600×1200ピクセルから640×480ピクセルまでTIFF(非圧縮)モードでも、JPEGモードでも、お客様のニーズにあわせてご設定いただけます。

  • 精度の高いiESPオートフォーカス
    従来の中央重点コントラスト検出方式に加え、さらに中央部を細かなエリアに分割してコントラスト変化を検出・判断し、背景の影響や中抜けを防止して主要被写体に適切に合焦するiESPオートフォーカスを搭載しています。
    ※iESP: Intelligent Electro Selective Pattern

  • 忠実な色再現が可能なiESPオートホワイトバランス
    独自のiESPオートホワイトバランスを採用しています。画面全体の平均と被写体周囲の情報から演算を行い、被写体そのものの色と周辺の光源状況を正確に判断します。さまざまな状況下でも人物の肌の色などを忠実に再現します。
優れた操作性と使いやすさ
  • 新採用のメニュー方式で使いやすさを向上
    メニュー画面のトップには、全モードの設定入口1つと設定頻度の高いモードへの入口3つ(ユーザー設定可能)が表示され、詳細なモード設定項目を確認していく時も、よく使うモード設定画面にダイレクトにたどりつく時も、簡単な操作で行なえます。また、詳細モード設定表示の画面も、主な項目について「撮影」「画像」「カード」「設定」の4種類のタブ構造に分けることで、多彩な機能の設定もわかりやすくたどり着けるように工夫されています。

  • 機能登録が可能なカスタムボタンの採用
    AEロックボタンを、あらかじめ設定した機能を登録できるカスタムボタンとしても利用することが可能です。登録した機能をワンタッチでよびだせるのでたいへん便利です。

  • 使いやすい操作ボタン
    フラッシュ、測光及びマクロの各モードなど使用頻度の高い機能は独立した設定ボタンで瞬時に設定の変更が可能です。電源スイッチについても専用スイッチを設置し、基本動作を区別しやすくしています。

  • 0.55型(インチ)TFTカラー液晶ビューファインダーの採用
    0.55型(インチ)TFTカラー液晶ビューファインダーを採用しました。光学式10倍という高倍率にもかかわらず、ズーム全域でパララックスの無い視野を得ることができます。ファインダー内に各種設定情報が表示されるため、超望遠域の撮影や動きの多い被写体を動画で撮影する時なども設定項目の変更や確認のためファインダーから目を離す必要がなく、シャッターチャンスを逃さず撮影をすることができます。

  • ストレージクラス対応のUSB端子を搭載
    ストレージクラス対応の専用USB接続端子を搭載していますので、パソコンへの画像取り込みは付属のUSBケーブルで簡単に行う事ができます。大容量データをパソコンにダウンロードする際にもたいへん便利です。また、カメラ内の画像ファイルをエクスプローラーなどの汎用アプリケーションからも操作可能です。
    対応OS:Windows98(付属ドライバを使用)、Windows2000プロフェッショナル、WindowsMe、MacOS9.0以降
撮影者の意志が写真に反映できる多彩な撮影機能
  • 多彩な露出モードを搭載
    プログラム、絞り優先、シャッター優先、マニュアル、の各モードに加え、便利なフルオート、ポートレート、スポーツ、記念撮影の各モードを備えています。マニュアルモードにすればシャッター速度は16秒まで設定が可能。デジタルカメラ初心者から上級者まで幅広い撮影ニーズに高次元でお応えします。AEロックも可能です。

  • 2種類の測光モードを用意
    逆光時や被写体と背景の輝度差が大きい撮影場面でも自然な写真撮影を可能にする独自のデジタルESP測光に加え、被写体の狙いの部分に確実に露出を合わせるスポット測光の2種類の測光方式を用意しています。スポット測光ではマルチ測光も可能。画面内の被写体の各部分を選択(最大8点)することで、自動的に適正な露出が決定され、撮影者の意図どおりの露出で撮影することができます。

  • 露出補正とオートブラケット機能
    ±2EVの範囲で1/3EVステップ毎の露出補正が行えます。また、撮影時に自動的に露出を変えて複数連写ができるオートブラケット機能(露出ずらし撮影)を搭載していますので、適正露出が判断しにくい撮影状況でも、適正な露出のワンショットを確実に撮影することができます。

  • 多彩なフラッシュモード設定機能
    4種類のフラッシュモード(オート発光、赤目軽減発光、発光禁止、強制発光)に加え、スローシンクロ(先幕効果及び後幕効果)を設定できます。暗い室内や夜景をバックにした人物、光の流れや残像を自然に描写したいときに効果的です。よりクリエイティブな撮影がお楽しみいただける外部フラッシュ「FL-40」も使用可能です。

  • 4段階のプリセットホワイトバランス設定
    オートホワイトバランスの他に、晴天、曇天、電球、蛍光灯の4段階の色温度が設定できるため、オートホワイトバランスの設定が難しい光源下でも、適正なカラーバランスで撮影ができます。また撮影光源下で白色を記憶させるワンタッチホワイトバランスも備えています。

  • シャープネスの設定
    画像のシャープネス(切れ味)を標準、ソフト、ハードの3種類から選択できます。印刷や加工など用途に合わせた画像を得ることができます。

  • コントラストの設定
    画像のコントラストをハイ、標準、ローの3種類から設定できます。好みに合わせて画像のコントラストを選択できます。

  • ISO感度の設定
    CCDのISO感度を撮影シーンにあわせて自動的に設定するオート機能に加え、感度を約100、200、400、800固定(感度値は目安)の中から自由に設定できます。室内やフラッシュを使えないシーンでの撮影や、ズーム使用時の手ぶれをおさえるのに便利です。
その他多彩で便利な機能
  • 最大約2.7倍デジタルズームで1000ミリ相当(35mmフィルム換算)の撮影が可能
    デジタルズームモードをオンに設定すると、通常のズーム操作での光学10倍ズームに加え、最大約2.7倍デジタルズームへ自動的に切り替わるシームレスズームにより、約27倍までのズーム撮影が可能です。また、静止画だけでなく動画時にも約27倍ズームでの撮影が可能です。

  • 便利なファイルネーム設定
    記録メディアを差し替えても、続き番号で画像ファイル、画像ファイルフォルダーの管理ができます。ファイル名やフォルダー名が重複することなく保存でき、パソコンへのファイル転送時などに有効です。

  • 多彩なファンクション撮影(セピアカラー、モノクロ撮影モード、白板・黒板撮影モード)
    カラー撮影モードに加え、セピアカラー、モノクロ撮影モードを搭載しました。また、白板・黒板撮影モードでは文字の撮影に適した露出をカメラが自動的に設定し細かな文字もくっきり撮影できます。

  • 連写機能
    TIFF以外の画質モードで連写が可能です。HQモード時では、約1.5コマ/秒で6枚以上の連写が可能です。

  • 再生画像の回転表示機能
    撮影した画像を再生する時に90°または270°回転させることができるようになりました。これにより、縦位置で撮影した画像も家庭用TVや液晶モニターで再生する時に、画像を回転させ画像とカメラの天地方向を合わせることができます。スライドショーなどで横方向で撮影された他の画像と同時に見る時にも便利な機能です。

  • 音声録音機能
    内蔵マイクによって音声録音ができます。動画の場合は同時録音、静止画の場合は、撮影後1画像につき約4秒の音声を録音できます。静止画へは撮影後のメモ録音や録音のやり直しも可能です。動画撮影時には録音OFFモードもあり、シーンに応じた撮影が可能です。

  • 外部フラッシュ接続端子
    当社のデジタルカメラ専用外部フラッシュ「FL-40」(希望小売価格¥50,000(税別))に合わせた接続端子を搭載しました。別売のフラッシュブラケット「FL-BK01」(希望小売価格¥6,000(税別))とフラッシュケーブル「FL-CB01」(希望小売価格¥5,000(税別))を使用し「FL-40」を取り付ければ、カメラと通信することで多彩なフラッシュモードと連動し、撮影の幅が広がります。

  • AV出力端子
    同梱のA/VケーブルでTVに接続でき、撮った画像と音声をテレビ上でも楽しめます。

  • リチウム電池パックLB-01(CR-V3) を同梱
    同梱のリチウム電池CR-V3 2個を使用すれば連続撮影時で4000枚以上、標準撮影時で約150枚の撮影が可能です。また、別売のACアダプタやニッケル水素電池も使用する事ができます。ニッカド電池、単3アルカリ電池にも対応しています。
    連続撮影時テスト条件(画質:640×480画素、LCDモニタ:off、フラッシュ:off、フルタイムAF:off、ズーム:ワイド固定、再生・パソコンとの通信:なし)標準撮影時テスト条件(2枚連続撮影後10分放置の繰り返し、画質:HQモード、LCDモニタ:撮影時on、フラッシュ:50%、フルタイムAF:off、ズーム:各撮影につきズーム動作、再生・パソコンとの通信:なし)


  • コンバージョンレンズアダプター(別売)をご用意
    CAMEDIA専用コンバージョンレンズ、ワイド「WCON-08」(希望小売価格¥17,000(税別))、マクロ「MCON-40」(希望小売価格¥11,000(税別))と組み合せてお使いいただくためにコンバージョンレンズアダプタ「CLA-4」(希望小売価格¥2,000(税別))を用意しました。これによりいっそう撮影領域が広がります。
オリンパス光学工業株式会社は、2003年10月1日をもってオリンパス株式会社と社名変更いたしました。
  • 本リリースに掲載されている内容は、報道関係者向けに発表した情報です。
  • 掲載内容は、発表日現在の情報であり、ご覧になっている時点で、予告なく情報が変更(生産・販売の終了、仕様、価格の変更等)されている場合があります。
  • 掲載されている社名、製品名、技術名は各社の商標または登録商標です。


本文の終わりです





Copyright OLYMPUS CORPORATION All Rights Reserved.