ページの先頭です




本文の始まりです


2004年 10月19日
「CAMEDIA X-450」
主な仕様
カメラ部有効画素数
(新ガイドラインによる画素数表記)
320万画素
撮像素子 1 / 2.7型CCD
レンズ 構成 6群7枚
非球面レンズ:2枚
焦点距離 5.8mm~17.4mm 
(35mmカメラ換算:38mm~114mm)
開放F値 F2.9(W)~F5.0(T)
光学ズーム倍率 3倍
デジタル拡大 4倍(光学ズームと合わせて最大約12倍シームレスズーム)
撮影範囲 通常:0.5m~∞(W) 0.9m~∞(T)
マクロ: 0.2m~0.5m(W) 0.5m~0.9m(T)
スーパーマクロ:0.02mまで接写可能
スーパーマクロモードでは、ズーム位置が固定されます。また、内蔵フラッシュは使用できません
記録 静止画
記録方式
JPEG(DCF準拠)、DPOF対応、Exif2.2、PRINT Image Matching II
静止画
記録画素数・コマ数
(内蔵メモリ12MB使用時)
2048×1536 / SHQ
約 5枚、HQ:約14枚
1600×1200 / SQ1 約18枚
640×480 / SQ2 約68枚
動画
記録方式
QuickTime Motion JPEG
(フレームレート:15fps)
動画
記録画素数・
撮影可能時間
(内蔵メモリ12MB使用時)
320×240 / HQ
最大36秒
160×120 / SQ 最大2分25秒
記録媒体 内蔵メモリ(約12MB)
xDピクチャーカード
(16MB / 32MB / 64MB / 128MB / 256MB / 512MB)
液晶モニタ サイズ / 種類 1.5型(インチ)TFTカラー液晶
画素数 約130,000画素
再生 静止画
クローズアップ
倍率:1.5 / 2.0 / 2.5 / 3.0 / 3.5 / 4.0倍
静止画
インデックス表示
分割数:4 / 9
静止画
回転再生
90°/ -90°
(Exifによる回転情報書き込み)
静止画
自動再生
可能
動画 再生 可能
撮影感度

AUTO(ISO 約64~約250)

フォーカス オートフォーカス方式 TTLコントラスト検出方式、スポットAF
静止画 
露出・制御
撮影モード P(プログラムオート)/ポートレート/風景/夜景
/セルフポートレート
シャッタースピード 1秒~1/2,000秒(夜景モード時:2秒まで)
露出補正 範囲:±2EV、ステップ:1/3EV
測光方式 中央重点測光
ホワイトバランス オート 可能
内蔵フラッシュ 撮影可能範囲 W:0.2m~3.8m T:0.5m~2.2m 
フラッシュモード オート発光(低輝度時/逆光時)
赤目軽減発光
強制発光
発光禁止
特殊撮影・編集・
画像処理
パノラマ合成用撮影 可能
(オリンパス製のxDピクチャーカードを用いた上で、画像管理・編集ソフトOLYMPUS Masterによりパソコン上で合成)
カスタマイズ 画面表示言語の切替(日本語、英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、イタリア語、ロシア語)
入出力端子 パソコン
プリンタ関連
USB接続端子(Windows XP / Me / 98 / 2000、Mac OS 9.0~9.2 / X v10.0~10.3)、プリンタ接続時:PictBridge対応
テレビ関連 ビデオ出力端子(NTSC/PAL切り替え可能)
電源関連 DC入力端子
電源 ACアダプタ E-8AC(別売)
電池 単3ニッケル水素充電池(充電式) 2本
単3アルカリ電池 2本
大きさ(突起部含まず) 87.5(W)× 62.5(H)× 38.5(D)mm
重さ(電池・カード含まず) 140g
主な同梱品 単3ニッケル水素充電池(2本)
ニッケル水素充電池専用充電器
充電器電源ケーブル
CD-ROM(OLYMPUS Master 等)
USB接続ケーブル
ビデオケーブル
ストラップ
戻る
2004年10月1日より、オリンパス株式会社の映像事業は、オリンパス イメージング株式会社として分社いたしました。
  • 本リリースに掲載されている内容は、報道関係者向けに発表した情報です。
  • 掲載内容は、発表日現在の情報であり、ご覧になっている時点で、予告なく情報が変更(生産・販売の終了、仕様、価格の変更等)されている場合があります。
  • 掲載されている社名、製品名、技術名は各社の商標または登録商標です。


本文の終わりです





Copyright OLYMPUS CORPORATION All Rights Reserved.