ページの先頭です




本文の始まりです


2008年1月22日

デジタルカメラ用記録メディアxD-ピクチャーカード

Type M+(プラス) シリーズ「M-XD2GMP」「M-XD1GMP」を新発売

xD-ピクチャーカード:Type M+シリーズ 「M-XD2GMP」   xD-ピクチャーカード:Type M+シリーズ 「M-XD1GMP」

xD-ピクチャーカード:Type M+シリーズ
  「M-XD2GMP」(左) 「M-XD1GMP」(右)

オリンパスイメージング株式会社(社長:大久保 雅治)は、デジタルカメラ用記録メディア「xD-Picture CardTM」(xD-ピクチャーカード) で「Type Mシリーズ」の高速タイプとなる「Type M+ (プラス)シリーズ」を、記録容量が2GBの「M-XD2GMP」と1GBの「M-XD1GMP」として2008年春から発売します。

デジタルカメラの記録メディアは、デジタルカメラの画素数の増加、動画撮影機能の充実などから、より高速でより大容量のメディアが求められています。今回の新製品「M-XD2GMP」と「M-XD1GMP」では、従来の「Type Mシリーズ」からの高速化を図り、より快適な撮影を可能にしました。

発売の概要

製品名 メーカー希望小売価格 発売日
xD-ピクチャーカード:
Type M+ シリーズ 「M-XD2GMP」 (2GB)
Type M+ シリーズ 「M-XD1GMP」 (1GB)
オープン価格 2008年 春

主な特長

最先端のメモリ高密度化技術により、従来比で約1.5倍(当社調べ)の高速な書き込みスピードを実現。

書き込み速度は使用するカメラ、撮影条件等により異なります。
高速化の効果は、オリンパス製デジタルカメラの使用時に限定されます。一部の機種で使用できないものがあります。詳細は発売前に当社ホームページでご案内します。

オリンパス製デジタルカメラの一部機種との組み合わせで、640×480/SHQ(30fps)モードの動画撮影をカード容量いっぱいまで連続して行うことが可能。

対応機種の詳細は発売前に当社ホームページでご案内します。

カメラ内でのパノラマ合成が可能なオリンパス製デジタルカメラとの組み合わせにより、カメラ内で複数の画像からパノラマ写真を合成することが可能。
パノラマ合成機能付のオリンパス製デジタルカメラで撮影した画像を、パソコン上でパノラマ写真に合成することが可能。

画像管理ソフト「OLYMPUS Master」や「CAMEDIA Master」が必要です。

パッケージに同梱されているIDナンバーを画像管理ソフト「OLYMPUS Master」に入力することで、デジタルカメラで撮影した画像を、油絵や水彩画風に加工できるアート機能と、3D画像に加工できる3D機能が使用できます。デジタルカメラの画像を多彩に楽しむことが可能になります。

画像管理ソフト「OLYMPUS Master」のバージョン1.4以降が必要です。
  • 本リリースに掲載されている内容は、報道関係者向けに発表した情報です。
  • 掲載内容は、発表日現在の情報であり、ご覧になっている時点で、予告なく情報が変更(生産・販売の終了、仕様、価格の変更等)されている場合があります。
  • 掲載されている社名、製品名、技術名は各社の商標または登録商標です。


本文の終わりです





Copyright OLYMPUS CORPORATION All Rights Reserved.