ページの先頭です




本文の始まりです


2010年6月16日

2.2型QVGAカラー液晶搭載 多機能新型ICレコーダー

『Voice-Trek(ボイストレック)DM-4』(8GB内蔵モデル)新発売

高音質、多機能のICレコーダーフラッグシップモデル

Voice-Trek DM-4 本体前面 Voice-Trek DM-4 カレンダー表示画面 Voice-Trek DM-4 テキスト読み上げ画面 Voice-Trek DM-4 音楽再生画面

本体前面

カレンダー表示画面

テキスト読み上げ画面

音楽再生画面

<Voice-Trek DM-4>

オリンパスイメージング株式会社(社長:大久保 雅治)は、ICレコーダー「Voice-Trek(ボイストレック)」のフラッグシップモデルとして、2.2型カラー液晶や充実の音声ガイダンス機能を搭載し、リニアPCM録音再生が可能なスタイリッシュICレコーダー「Voice-Trek DM-4」(8GB内蔵モデル)を2010年7月上旬から発売します。

主な特長

  1. 高音質低ノイズ設計マイクの搭載により原音に忠実な高音質録音と再生を実現
  2. カレンダーや画像も見ることができるクラス最大の2.2型QVGAカラー液晶
  3. 音声合成技術によるテキスト(日本語、英語)読み上げ機能を搭載
  4. 音声認識によるスケジューラー機能を搭載

オリンパスのICレコーダーは2009年シェア第1位※1となり、4年連続でシェアトップを続けています。製品ラインとして、ビジネス用途のDSシリーズ、語学学習用途のVシリーズ、シンプルな操作のVNシリーズを展開していますが、今回、新たにフラッグシップとしてDMシリーズを加え、スタイリッシュな多機能ICレコーダーをお求めの方々にも最適な製品ラインとして取り揃えました。
今回発売する「Voice-Trek DM-4」は、ICレコーダーとしての基本性能である録音音質はもちろん、フラッグシップ機種にふさわしく、クラス最大のカラー液晶画面や音声合成技術によるテキスト読み上げ機能、音声認識によるスケジューラー機能も搭載した、一歩先を行く先進的なICレコーダーです。

録音形式には、音楽CDに迫る高音質で録音できる非圧縮タイプのリニアPCMフォーマットをはじめ、WMA、MP3録音にも対応しています。楽器演奏、鳥の声、機関車の走行音など音質を優先する際には「リニアPCM」、会議や講義など音質と長時間録音を両立させる際には「WMA」、汎用性を重視する「MP3」など、用途に応じた使い分けができます。

また、便利な新機能として付属のUSBケーブル経由でバッテリーを充電できる本体内充電機能を搭載しています。その他、録音・再生に便利な多くの機能を搭載し、またパソコン用アプリケーションソフト「Olympus Sonority」を同梱し、快適かつ本格的な編集作業が可能になりました。

8GBの内蔵メモリーではリニアPCMモードで12時間5分※2、長時間録音モード(LPモード)で約2043時間の録音が可能です。更に、microSDカードを使用することにより、長時間の録音も可能となります。

※1 BCNランキングより(集計期間:2009年1月1日~12月31日)
※2 44.1kHz/16bitの場合

発売の概要

製品名 メーカー希望小売価格 発売日
ICレコーダー「Voice-Trek DM-4」 オープン価格 2010年7月上旬

カラー:ブラック

主な特長の詳細

1. 高音質低ノイズ設計マイクの搭載による高音質録音
90°外側に向けたマイクユニットの配置をはじめ、高音質低ノイズ設計マイクの搭載により、原音に忠実な高音質録音を実現しました。また、「ローカットフィルター」、「ノイズキャンセル機能」、「音声フィルター」等、多彩なノイズ除去機能も搭載。
録音形式には、高性能マイクの能力を活かせる44.1/48kHz 16bitの非圧縮フォーマット「リニアPCM」方式を採用し、音楽CDに迫る高音質録音が可能です。音質を最優先させたいクラシックやジャズなどの演奏や、鳥の声、木々のざわめき、川のせせらぎなどの"生録"を楽しむことができます。その他、高音質録音と長時間録音を両立したWMA方式、他のオーディオ機器での再生にも使いやすいMP3方式にも対応しており、用途や目的に合わせて録音フォーマット方式を選ぶことができます。

2. カレンダーや画像も見ることができるクラス最大の2.2型QVGAカラー液晶
ICレコーダー初のスケジュール機能を搭載。2.2型液晶により月のカレンダーを一覧で表示できるほか、週単位や日単位での閲覧が可能で、各種操作をスムーズに行うことができます。また、デジタルカメラで撮影した写真を取り込みサムネイル画像を閲覧できます。画像の取り込みは、デジタルカメラや携帯電話のmicroSDカードをカードスロットに差込んで取り込めるほか、デジタルカメラ同梱のUSBケーブルとDM-4に同梱のUSBアダプターを使い、デジタルカメラとICレコーダーを直接つないで取り込むこともできます。また、音楽再生中にカラフルなジャケット写真をお楽しみいただくこともできます。

3. 音声合成技術によるテキスト(日本語、英語)読み上げ機能を搭載
パソコンからテキストファイルを転送すると、"テキストスピーチ"によりテキスト文を合成音声で読み上げ再生します。同時に、読み上げ中の文章が画面に表示されます。言語選択を英語に設定すれば、英文テキストも読み上げ再生します。

4. 音声認識による簡易スケジューラー機能を搭載
ホーム画面でボイスボタンを押しながらモード名をICレコーダーに向かって話すだけで使いたいモードに簡単に移ることができます。また、簡易スケジューラー機能を搭載。開始時間、終了時間、アラームの設定が音声でできるほか、会議、レッスン、旅行など37のキーワードがあらかじめ設定されているので、ICレコーダーに向かって話すだけでキーワードを音声で簡単に登録できます。

その他特長

ユニバーサルデザインに配慮した使いやすい機能とデザイン
音声合成技術によるテキスト読上げ機能、音声認識による簡易スケジューラー機能などの音声ガイド、突起付き操作ボタンのほか、DAISY※3規格に準拠したDAISYコンテンツを再生(パソコン用アプリケーションソフト「Olympus Sonority」での再生にも対応)できます。本のタイトルとチャプターを同時に表示。音声も聴きやすい速さに調整できます。

「DM-4アクセシビリティ解説」のWEBページご紹介
DM-4は、音声ガイドやDAISY図書の再生などアクセシビリティに優れた操作性が特長です。 このアクセシビリティを解説するWEBページを開設しましたのでご案内します。 (このURLをWEBブラウザーに入力してください。「DM-4アクセシビリティ解説」のWEBページが表示されます)

OlympusDaisy.jp

※3 DAISYとはDigital Accessible Information Systemの略で「アクセシブルな情報システム」のこと。DAISYコンテンツとは視覚障害者や普通の印刷物を読むことが困難な人々のためのデジタル録音図書のこと。
  • USBケーブルでパソコンと接続し充電ができるUSB本体内充電機能
  • リチウムイオン電池 LI-50B
  • 指向特性制御技術DVMの採用により使用状況に合わせマイクの指向性の切り替えが可能
  • 6倍速までの間で24段階設定可能な早聞き再生
  • 0.5倍速までの間で5段階設定可能な遅聞き再生
  • スキップ/逆スキップ再生
  • 部分リピート再生
  • インデックスマーク機能
  • 3段階に切り替え可能なマイク感度
  • 雑音を軽減するノイズキャンセル機能
  • パソコン接続せずにレコーダー内でファイル分割・部分消去が可能(リニアPCMのみ)
  • 口述・会議・講義などシーンに適した設定で録音/再生ができる録音/再生シーンセレクト機能
  • 音声起動録音(VCVA)
  • DAISY図書の再生
  • 操作状況を音声でアナウンスする音声ガイド機能搭載
  • 高音質再生で長時間聞いても疲れにくく、臨場感を高める最新のサラウンド方式「EUPHONY(ユーフォニー) MOBILE(モバイル)」を搭載
  • マルチトラック編集が可能なパソコン用ソフトウェア「Olympus Sonority」を同梱

「Voice-Trek DM-4」主な仕様

録音方式 リニアPCM(Pulse Code Modulation)形式(WAV), MP3(MPEG-1 Audio Layer3), WMA(Windows Media Audio)
内蔵型フラッシュメモリー 8GB
microSD/SDHCカード 512MB~16GB(別売) 512MB~16GB(別売)
マイク設定感度 高/中/低
総合周波数特性 リニアPCMモード 48kHz/16bit : 40~23,000Hz
44.1kHz/16bit : 40~21,000Hz
MP3モード 44.1kHz/320kbps : 40~20,000Hz
44.1kHz/256kbps : 40~20,000Hz
44.1kHz/192kbps : 40~19,000Hz
44.1kHz/128kbps : 40~17,000Hz
WMAモード ステレオXQモード : 40~19,000Hz
ステレオHQモード : 40~16,000Hz
ステレオSPモード : 40~9,000Hz
モノラルHQモード : 40~13,000Hz
モノラルSPモード : 40~8,000Hz
モノラルLPモード : 40~3,000Hz
記録時間 リニアPCMモード 48kHz/16bit : 約11時間5分
44.1kHz/16bit : 約12時間5分
MP3モード 44.1kHz/320kbps : 約53時間
44.1kHz/256kbps : 約66時間30分
44.1kHz/192kbps : 約89時間
44.1kHz/128kbps : 約133時間
WMAモード ステレオXQモード : 約130時間
ステレオHQモード : 約261時間
ステレオSPモード : 約522時間
モノラルHQモード : 約522時間
モノラルSPモード : 約1,029時間
モノラルLPモード : 約2,043時間
レコーダーフォルダー数 および 最大録音件数 レコーダーフォルダー:5フォルダー(A,B,C,D,E)
最大録音件数:各フォルダ 999件
スピーカー 直径23mm丸形ダイナミックスピーカー内蔵
早聞き再生 6倍速までの間で24段階
遅聞き再生 0.5倍速までの間で5段階
スキップ再生 10秒/30秒/1分/5分/10分
逆スキップ再生 1秒/2秒/3秒/4秒/5秒/10秒/30秒/1分/5分/10分
実用最大出力 280mW(スピーカー 8Ω)
イヤホンジャック 直径3.5mm(インピーダンス 8Ω以上)
マイクロホンジャック 直径3.5mm(インピーダンス 2.2KΩ)
電池持続時間
(当社試験法による)
  • リチウムイオン充電池使用時
    録音時:約13時間(リニアPCM 48kHz/16bit)
    約25時間(MP3 128kbps)
    約24時間(WMA ステレオXQ)
    約29時間(WMA モノラルLP)
  • 再生時(スピーカー):約12時間(リニアPCM 48kHz/16bit)
    約12時間30分(MP3 128kbps,WMAステレオXQ)
    約13時間(WMA モノラルLP)
  • 再生時(イヤホン):約20時間(リニアPCM 48kHz/16bit,MP3 128kbps)
    約21時間(WMA ステレオXQ)
    約22時間(WMA モノラルLP)
パソコン動作環境
(本機で録音したファイルをUSB接続で
パソコンに保存する際の動作環境)
<Windows>
対応OS:Microsoft Windows XP/Windows Vista/Windows 7
標準インストール(日本語版)
USBポート:1つ以上の空き
<Macintosh>
対応OS:Mac OS X 10.4.11 - 10.6
標準インストール(日本語版)
(ただし録音したWMAファイルを再生するためには、Windows Media Player for Macのインストールが必要です)
USBポート:1つ以上の空き
「Olympus Sonority」の
パソコン動作環境
<Windows>
対応OS:Microsoft Windows XP/Windows Vista/Windows 7
標準インストール(日本語版)
<Macintosh>
対応OS:Mac OS X 10.4.11 - 10.6標準インストール
標準インストール(日本語版)
電源 電池:リチウムイオン充電池(LI-50B)1本
外形寸法 113(長さ)×45(幅)×15(厚さ)mm(最大突起部含まず)
質量 98g(電池含む)
付属品 CD-ROM(Olympus Sonority)、ステレオイヤホン、USB延長ケーブル、USB接続コネクター、リチウムイオン充電池(LI-50B)1本、ACアダプター、ソフトケース、ストラップ、取扱説明書(保証書)
  • 本リリースに掲載されている内容は、報道関係者向けに発表した情報です。
  • 掲載内容は、発表日現在の情報であり、ご覧になっている時点で、予告なく情報が変更(生産・販売の終了、仕様、価格の変更等)されている場合があります。
  • 掲載されている社名、製品名、技術名は各社の商標または登録商標です。


本文の終わりです





Copyright OLYMPUS CORPORATION All Rights Reserved.