ページの先頭です




本文の始まりです


2011年11月10日

優雅なフォルムに上質な機能を搭載した高倍率、高画質、タッチパネルで
簡単撮影のオールインワンズームモデル

コンパクトデジタルカメラ「OLYMPUS SH-21」を発売

「OLYMPUS SH-21」(シャンパンゴールド/ブラック/レッド)

「OLYMPUS SH-21」(シャンパンゴールド/ブラック/レッド)

オリンパスイメージング株式会社(社長:高山 修一)は、1600万画素裏面照射型CMOSセンサーで高感度撮影が可能で、薄型ボディーに広角24mmからの光学12.5倍のズーム、タッチパネル、手ぶれ補正機能「DUAL IS」、フルハイビジョン動画撮影機能を搭載し、旅行やイベントに最適なコンパクトデジタルカメラ「OLYMPUS SH-21」を2011年11月中旬に発売します。

主な特長

  1. 鮮やかさ、色合い、明るさをタッチパネルで直感的に調整できるタッチ・ライブガイドを搭載。ピントの位置やピントを合わせる顔をタッチパネル上で選択でき、その位置でシャッターを切ることが可能
  2. 間違いたくないモード選択はダイヤル、消去操作はボタンなど、タッチとダイヤル・ボタン操作を併用し安心・直感操作
  3. 1600万画素※1裏面照射型CMOSセンサー採用でHDR逆光補正※2、フルハイビジョン動画(MPEG-4 AVC/H.264)※3、マジックフィルタームービー※4、連写も思いのままに撮影可能
  4. 薄型ボディーに広角24mm※5からの光学12.5倍ズーム、手ぶれをダブルで抑える高性能「DUAL IS※6」を搭載

OLYMPUS SZ/SHシリーズは、従来大きく重い一眼レフやウルトラズームモデルでしか搭載できなかった高倍率レンズをポケットサイズの小型ボディーで実現し、荷物が多くなる旅行やスポーツ観戦、運動会などに最適なデジタルカメラです。気軽に高度な写真撮影や動画撮影を楽しむことができる"オールインワン・カメラ"です。

「OLYMPUS SH-21」は、コンパクトデジタルカメラでありながら、マイクロ一眼「OLYMPUS PEN」でおなじみのライブガイドを搭載。iAUTOモードで、画面上で効果を確認しながらガイドバーをタッチすることにより鮮やかさ、色合い、明るさを直感的に思いのままに簡単にチューニングできます。また、撮影したい被写体にタッチすると、自動的にピントを合わせるタッチフォーカス機能やシャッターを切るタッチシャッター機能も新搭載しています。

1600万画素の裏面照射型CMOSセンサーを搭載し、従来のCCDよりも集光率に優れ、低ノイズなので夜景など暗いシーンで高精細、高画質に撮影できます。シーンモードには、1回の撮影で露出を変えた複数の画像を連写し自動合成することで最適な階調表現の写真が撮影できるHDR逆光補正を新たに追加。また、高速処理により、1600万画素で最大7コマ/秒の連続撮影(連写2モード)、高速連写モードでは最大15コマ/秒の連続撮影も快適に楽しめます。

基本性能として、35mmカメラ換算で広角24mmから望遠300mmの光学12.5倍のズームレンズによって非常に広い領域の撮影ができます。運動会だけでなく、学芸会など室内でのお子様の表情も楽しむことができます。望遠時に心配な手ぶれはセンサーシフト式手ぶれ補正機構と高感度撮影の「DUAL IS※6」により効果的に補正します。

カメラ背面にあるボタンを押すだけで簡単に高倍率のフルハイビジョン動画※3が撮影できるほか、デジタルカメラの楽しさを広げるマジックフィルター※4を動画でも撮影できます。

話題の3Dフォト※7が簡単に撮影できる機能や、最大360°のパノラマを簡単に撮影できる「ひとふりパノラマ」、三脚を使わず手持ちでブレを防いだ夜景が撮れる「手持ち夜景モード」、を搭載。また、ペット(犬・猫)の顔を自動検出してベストタイミングでオート撮影できる機能など、イベント時だけでなく日常でも楽しめる機能を満載したデジタルカメラです。

発売の概要

カテゴリー 製品名 希望小売価格 発売予定日
コンパクトデジタルカメラ 「OLYMPUS SH-21」
(シャンパンゴールド/ブラック/レッド)
オープン価格 2011年11月中旬

主な特長の説明

裏面照射型CMOSセンサーで高感度撮影が可能
1600万画素の裏面照射型CMOSセンサーを搭載し、従来のCCDよりも集光率に優れ、低ノイズなので夜景など暗いシーンで高精細、高画質に撮影できます。シーンモードには、1回の撮影で露出を変えた複数の画像を連写し自動合成することで最適な階調表現の写真が撮影できるHDR逆光補正を新たに追加。

フルハイビジョン動画(MPEG-4 AVC / H.264)撮影について※3
1920×1080のフルハイビジョンサイズ、そして動画圧縮方式「MPEG-4 AVC / H.264」により滑らかで美しい映像が長時間記録できます。動画撮影専用ボタンにより、ワンタッチで撮影をスタート/ストップできます。また、録音はクリアな音質でステレオ録音が可能です。動画撮影時には、従来の手ぶれ補正に加え、呼吸や歩行から生まれる手ぶれを抑えるマルチモーション対応の手ぶれ補正機能を搭載。

手持ち夜景モード
1回のシャッターで4枚を高速連写。画像を高精度に重ね合わせて1枚の画像にするので、暗い部分もノイズが少なく鮮やかな夜景写真を撮影することが可能です。

HDR逆光補正モード※2
新たにシーンモードに加わったHDR逆光補正は、逆光などの明暗の差が大きなシーンで威力を発揮します。
高速CMOSとTruePicIII+の高速処理により、白とび、黒つぶれのない広いダイナミックレンジかつ低ノイズを実現。1回の撮影で露出を変えた画像を連写し、画像合成してダイナミックレンジの広い画像を生成します。

ひとふりパノラマ撮影
裏面照射型CMOSセンサーの高速処理能力により、左右または上下にカメラをひとふりするだけで最大360°のパノラマ撮影が手軽に楽しめます。

高速連写
1600万画素※1での秒間最大7コマの連写を実現(連写2モード)。高速連写モードでは秒間最大15コマの高速連写が可能です。また、シャッターボタンを押してから離すまでの間を等分割して記録する「オート分割連写」も便利です。(高速連写、オート分割連写はサイズが5M以下に制限されます)

マジックフィルターについて※4
好評のマジックフィルターは、「ポップ」、「ピンホール」、「フィッシュアイ」、「スケッチ」※8、「ウェディング」※8、「ロック」、「水彩」※8、「クリスタル」※8※9、「ミラー」※8、「ミニチュア」※8の全10種類が楽しめます。更に、「ポップ」、「ピンホール」、「フィッシュアイ」、「スケッチ」、「ウェディング」、「ロック」、「水彩」、「ミラー」、「ミニチュア」は動画でもお楽しみいただけます。

「ミラー」 夜景や風景などを湖面に反転したような効果をつけて幻想的な雰囲気に
「ミニチュア」 ビルや橋がミニチュアで作られたような雰囲気に

3Dフォト撮影機能について※7
日常のシーンからダイナミックな風景まで3Dフォト撮影が可能です。
実際の風景に迫る立体感を再現。撮影後は3D対応のTVやPCなどで迫力ある映像を楽しめます。
撮影モードで3Dフォトを選択し、シャッターを押してカメラを横にスライドするだけで3Dフォトのデータが完成。データとしては、3Dデータ(MPOフォーマット)とJPEGデータの両方を保存します。撮影方法は、オートと、マニュアルの2種類があります。3D対応のTVでの再生時は、3Dフォト再生か通常再生かを最初に選択してお楽しみいただけます。

MPOファイル(Multi Picture Format)について
複数の画像を1つの画像ファイルとして扱うためのCIPA規格のファイル形式。3Dフォト撮影では、左目用と右目用の視差のある2枚の画像がカメラ内で自動生成され、「Multi Picture Format」のファイルとして記録されます。

回想フォト撮影機能について
シャッターを押したタイミングの前後の時間帯(前3秒/5秒/7秒、後3秒/0秒)を自動で動画記録する「回想フォト撮影」機能を搭載。静止画撮影前後の様子を動画で残せる他、静止画撮影中も音声を記録できます。

ペットモード(シーンモード)について※10
犬、猫の顔を自動で検出。シーンモードの中から「ペット-ネコ」または、「ペット-イヌ」モードを選択すると、カメラが自動で犬や猫の顔を素早く検出し、顔にピントを合わせます。最大10匹までの犬または猫の顔を検出できます。

オートシャッターについて
ペットのかわいい表情をキャッチ。オートシャッター機能を使えばペットが正面を向いた瞬間に自動撮影。気まぐれなしぐさも逃しません。(オートシャッターで検出できるペットは1匹です)

Eye-Fi対応について※11
Eye-Fiカードは無線LAN内蔵のSDHCメモリーカードです。写真サービスやオンラインアルバム、PCに簡単にワイヤレスでアップロードすることが可能です。

※1 カメラ部有効画素数
※2 ムービー撮影時は効果は得られません。全ての環境下においての効果を補正するものではありません
※3 1回での撮影時間は最長29分に制限されます。ファイルが4GBになると自動的に撮影を終了します
※4 マジックフィルター撮影時は「スケッチ」、「ウェディング」、「水彩」と「クリスタル」は静止画サイズが5M以下に制限されます。ムービーが撮影できるフィルターは制限されます
※5 35mmカメラ換算
※6 撮影状況により手ぶれ補正効果に差が出る場合があります
※7 動いている被写体に対しては3Dの効果が得られません。ムービーは撮影できません。記録される3DファイルはCIPAマルチピクチャーフォーマット規格に準拠。3D撮影では3Dファイルと通常のJPEGファイルが同時に記録されます。フラッシュ、ズーム、顔検出、自動追尾AF、タイマー撮影は使用できません。焦点距離は35mmカメラ換算で35mm固定です(撮影範囲は50cm~∞)。1枚目撮影後は設定変更できません。
※8 画像サイズが5M以下に制限されます
※9 撮影画面に表示される画像にはフィルターの効果がかかりません
※10 ペット検出数は、オートシャッター時は1匹、OFF時は10匹までに制限されます。撮影状況、被写体によっては顔を検出できない場合があります。ペット検出中は、フラッシュ、人物の顔検出は使用できません
※11 Eye-Fiカードの使用が認められているのは、カードを購入した国のみです。使用する国の法律を遵守してください。航空機内など、無線通信の使用が制限または禁止されている場所ではEye-Fiカードを使用しないか、Eye-Fiの設定をOFFにしてください。1ファイル2GBを超える画像(動画)は転送できません。3Dフォトで撮影したデータ(MPOファイル)はX2-Proのみ対応しています。Eye-Fiカードに関するお問合せは、カードの製造元へお問合せください

基本性能

有効画素数 1600万画素※1
光学ズーム 12.5倍
ワイド 広角24mm(35mmカメラ換算)
手ぶれ補正 DUAL IS(CMOSシフト式 & 高感度撮影)
液晶サイズ 3.0型 46万ドット
液晶タイプ TFTカラー液晶
ムービー撮影 フルハイビジョン動画(MPEG-4 AVC/H.264)※3

その他の特長

  • 動画撮影時には従来の手ぶれ補正に加え、呼吸や歩行から生まれる手ぶれを抑えるマルチモーション対応の手ぶれ補正機能
  • 人物の顔をより美しく印象的に仕上げる「ビューティーモード」※12
  • スタンダードなシーンはもちろん、難しい撮影環境下でも、簡単にキレイに撮れる 「シーンモード」
  • テレビ用のリモコンで画像の選択やコマ送りなどの操作ができる 「HDMI出力・コントロール」※13
  • カメラが自動的に顔を検出する 「顔検出AF」
  • マクロ、ポートレート、風景、スポーツ、夜景&人物の5つのシーンを自動的に判別し最適な設定で撮影する 「おまかせ♪iAUTO」
  • PCに接続し撮影データの保存や整理をしながら充電ができる 「USBバッテリー充電」。別売のUSB-ACアダプタ「F-3AC」を使用することで急速充電も可能です
  • 動く被写体を自動で追尾しピントを合わせ続ける 「自動追尾AF」
  • カメラ内の画像から、日付、被写体(人・犬/猫)などのキーワードで検索ができる「フォトサーフィン」※14
  • 対応メディア SD/SDHC/SDXC/ Eye-Fi カード
※12 補正後の画像サイズは5M以下に制限されます。効果には個人差があります
※13 HDMIコントロール設定メニューをONに設定した場合。HDMI(CEC)に対応している機器に制限されます
※14 一部の検索機能は[ib]からの書き戻しが必要です

別売関連商品

ソフトケース CSCH-85 液晶拭き付きハンドストラップ CHS-08(黒・茶)
◆便利なショルダーストラップ付
ソフトケース CSCH-85
希望小売価格:税込5,250円
液晶拭き付きハンドストラップ
CHS-08(黒・茶)
希望小売価格:税込2,310円
カメラケース CSCH-90(黒・青・赤)  
カメラケース CSCH-90(黒・青・赤)
希望小売価格:税込2,300円
 

主な仕様

  • 本リリースに掲載されている内容は、報道関係者向けに発表した情報です。
  • 掲載内容は、発表日現在の情報であり、ご覧になっている時点で、予告なく情報が変更(生産・販売の終了、仕様、価格の変更等)されている場合があります。
  • 掲載されている社名、製品名、技術名は各社の商標または登録商標です。


本文の終わりです





Copyright OLYMPUS CORPORATION All Rights Reserved.