ページの先頭です




本文の始まりです


2014年4月1日

Wi-Fi機能に加え、テキスト音声読み上げ機能や、
DAISYコンテンツ再生にも対応した多機能モデル

『Voice-Trek DS-902』を発売

Voice-Trek DS-902 DAISYコンテンツ再生イメージ

Voice-Trek DS-902

DAISYコンテンツ再生イメージ

オリンパスイメージング株式会社(社長:小川 治男)は、DAISYコンテンツの再生、テキストファイルの音声読み上げが行え、音声認識機能も搭載した「Voice-Trek(ボイストレック)」シリーズのトップモデル「Voice-Trek DS-902」を2014年4月25日から発売します。Wi-Fi機能を搭載しスマートフォン等との連動もできる高機能も備えた幅広いニーズにお応えする製品です。

発売の概要

製品名 希望小売価格 発売予定日
Voice-Trek DS-902 オープン価格 2014年4月25日

主な特長

  1. DAISYコンテンツの再生、テキストファイルの音声読み上げ機能を搭載
  2. 話しかけることでレコーダーの操作が可能な音声認識機能を搭載
  3. Wi-Fi機能を活用、録音オン・オフなどをスマートフォンなどからリモコン操作可能
  4. スマートフォンのカメラで撮影した画像と録音データを連携するVisual Index機能
  5. 高性能ステレオマイク、リニアPCM形式採用により、高音質な録音が可能

ICレコーダーの市場が広がるにつれ、製品に対するご要望も多岐にわたってまいりました。今回発売する「Voice-Trek DS-902」は、DAISYコンテンツの再生機能、テキストファイルの音声読み上げ機能、声によるレコーダーの操作が可能な音声認識機能等を備え、多様化するユーザーニーズにお応えします。さらにWi-Fi機能を搭載し、スマートフォン、タブレットPCと連動し、録音オン・オフなどのリモコン操作も可能になるなど「Voice-Trek」シリーズのトップモデルにふさわしい充実した機能を備えております。幅広いラインアップを誇るオリンパスのICレコーダーは、2013年も販売台数シェア第1位※1を占め、8年連続首位を獲得するなど、ユーザーの皆様からの高いご評価を得ております。

※1 BCNランキングより(集計期間:2013年1月1日~12月31日)

主な特長の詳細

1.DAISYコンテンツの再生、テキストファイルの音声読み上げ機能を搭載
「Voice-Trek DS-902」はデジタル図書コンテンツであるDAISY※2対応ファイルの再生が行え、視覚障がいやディスレクシア※3などの症状を持ち、文字を読むことが困難な方でも使い易いように設計されています。本機は従来機では読めなかった22kHzサンプリングのファイルまでサポートいたします。また、使い勝手のよいテキストファイルの音声読み上げ機能も搭載。従来機ではtxtフォーマットのみの読み上げ対応であったのが、doc、docx、htmlの読み上げが行えるよう対応フォーマットを拡大。さらに英語の読み上げにも対応することで、より幅広いニーズにお応えします。

※2 DAISY:Digital Accessible Information System(アクセシブルな情報システム)の略
※3 ディスレクシア(Dyslexia):知的能力など特に異常がないにもかかわらず読み書きが困難になるなどの症状
DAISY再生画面例 テキスト読み上げ画面例
DAISY再生画面例 テキスト読み上げ画面例

2.話しかけることでレコーダーの操作が可能な音声認識機能を搭載
操作性の向上を目指して「Voice-Trek DS-902」には音声認識機能※4を搭載しております。これはレコーダーに"話しかける"ことで、モード変更や各モードからのメニューの呼び出し、設定が行え、さらには日時設定やフォルダー名の変更といった複雑な操作も行える機能。音声認識機能を活用することによって「Voice-Trek DS-902」は、多くの機能、設定能力を備えながらも簡単にお使いいただけます。

※4 発声のしかたや口調により、音声の認識率は変わります。また、認識できる用語はあらかじめ定められた内容のものに限られます
音声認識機能例
音声認識機能例

3.Wi-Fi機能を活用、録音オン・オフなどをスマートフォン、タブレットPCからリモコン操作可能
「Voice-Trek DS-902」には、お手持ちのスマートフォン、タブレットPCと連動させて、録音開始・停止などの操作が手元から行えるWi-Fi機能を搭載。話者との距離が離れざるを得ないような使用条件では、レコーダーを話者の近くに置いて自席からスマートフォンで遠隔操作、必要なタイミングでクリアな録音を行うといった今までにない使い方が行えます。Wi-Fiの接続認証は本体に表示されるQRコードをスマートフォン、タブレットPCのカメラで読み込むだけで、面倒な設定は必要ありません。なおスマートフォンをコントロールする専用アプリ「Olympus Audio Controller」はApp Store(iOS)、Google Play(Android)から無償で取得いただけます。

Wi-Fi機能を使っての操作イメージ
Wi-Fi機能を使っての操作イメージ

4.スマートフォンのカメラで撮影した画像と録音データを連携するVisual Index機能
スマートフォン、タブレットPCのカメラ機能を活用して撮影した写真を、録音データの中にインデックスマークとして記録できる「Visual Index」(ビジュアル インデックス)機能を搭載しました。録音中の重要な場面をスマートフォンで撮影、専用アプリ「Olympus Audio Controller」のタイムライン上に撮影した画像のサムネイルを表示できるので、検索性が格段に向上します。時系列で音声と画像がリンクし視覚的にチェックができるため、資料性の高い記録として残すことができます。画像はタッチすると拡大され、細かい撮影内容を見ることも可能です。

Visual Indexの使用イメージ
Visual Indexの使用イメージ

5.高性能ステレオマイク、リニアPCM形式採用により、高音質な録音が可能
「Voice-Trek」シリーズのトップモデルにふさわしい高品位な録音クオリティを実現するため、S/N比を向上させた低ノイズ設計のステレオマイクを搭載しています。90度の角度でV型にボディに配された構造とあいまって、自然な拡がりとクリアなステレオ感を実現。最新の指向特性制御技術を使用し、マイクの指向性を10段階から調整できるズームマイクモードも備えており、録音する環境に最適な特性が選べます。さらにCDを凌ぐサンプリング周波数のリニアPCM録音も行えるなど、用途に合わせた高音質録音も可能にしています。

ステレオマイク配置イメージ
ステレオマイク配置イメージ

その他の特長

  • 2型カラー液晶、アイコン式GUIで動作状態をわかりやすく表示
    表示部には操作状況を分かりやすく表示する2型カラー液晶を採用。モノクロ液晶に比べ、モードや動作状態を色分けして表示できるため、視認性がより向上しています。ホーム画面には新開発のアイコン式GUI(グラフィカルユーザーインターフェース)を採用しており、本体の十字ボタンと位置関係を合わせたことで、より直感的な操作が可能になっています。
2型カラー液晶表示画面例
2型カラー液晶表示画面例
  • 多彩な録音形式に対応(リニアPCM、MP3、WMA)
  • 4GBのメモリーを本体内蔵、44.1kHz/16bitのリニアPCMモードで約5時間、長時間録音モード(WMA モノラル)で約850時間の録音が可能
  • 64GBまで対応するSDカードスロットを搭載。長時間、大量の録音に対応するほか、内蔵メモリーとカード間でのファイル移動やコピーも行える
  • コンパクトな専用リチウムイオン充電池LI-50Bを採用。本体内での充電が可能
  • 録音データの中から音声部分のみを検出し再生、会議内容の確認、摘録の効果的な作成に役立つ「声だけ再生」機能搭載
  • 文書作成をアシストする「文字起こし」に特化した再生モードを装備
  • 自動録音レベル調整のほか30段階のマニュアル録音設定が可能
  • 原音に忠実な録音、再生ができる高音質オーディオエンジン搭載
  • イラスト表示で直感的操作が可能な「録音シーンモード」搭載
  • 聞きやすい音量に自動調整する「ボイスバランサー」機能搭載
  • ノイズを強力にカットする「ノイズキャンセル」機能で音声をクリアに再生
  • ファイル検索が簡単な「カレンダー機能」搭載
  • ファイル分割(リニアPCM/MP3のみ)、ファイル部分消去(リニアPCMのみ)可能
  • 多彩なモード設定&リピート機能搭載
  • 聞きたい場所を素早く探せるインデックスマーク機能搭載
  • 設定時間に録音、再生を行うタイマー録音機能搭載
  • 操作状況を音声で知らせる「ボイスガイダンス」を装備
  • 音声ファイルを簡単に管理、編集できるソフト「Olympus Sonority」(CD-ROM)同梱
  • オリンパス独自の環境配慮設計基準をクリアした「オリンパスエコプロダクツ」に認定

「Voice-Trek DS-902」の主な仕様

録音方式 リニアPCM(Pulse Code Modulation)形式(WAV), MP3(MPEG-1 Audio Layer3), WMA(Windows Media Audio)
内蔵型フラッシュメモリー 4GB
SD/SDHC/SDXCカード 2GB~64GB(別売り)
Wi-Fi 搭載IEEE802.11b/gに準拠IEEE802.11nの技術に対応 2.4GHz帯のみ
録音レベル設定 高/中/低/マニュアル(30段階)
総合周波数特性 リニアPCM形式 48kHz/16bit:40Hz~23kHz
44.1kHz/16bit:40Hz~21kHz
MP3形式256kbps:40Hz~20kHz
128kbps:40Hz~17kHz
WMA形式(mono)32kbps:40Hz~13kHz
8bps:40Hz~3kHz
記録時間
(いずれも内蔵メモリーでの目安値)
リニアPCM形式48kHz/16bit:約4時間35分
4.1kHz/16bit:約5時間
MP3形式256kbps:約27時間30分
128kbps:約55時間
WMA形式32kbps:約218時間
8kbps:約850時間
レコーダーフォルダー数および最大録音件数 レコーダーフォルダー:5フォルダー(A.B.C.D.E)
最大録音件数:各フォルダー999件
DAISY対応規格 DAISY2.0/2.02(22kHzサンプリングファイル対応)
テキストスピーチ対応形式 txt、doc、docx、html
スピーカー 直径20mm丸形ダイナミックスピーカー内蔵
再生スピード 0.5倍速~6倍速までの間で30段階
スキップ再生 ファイルスキップ/10秒/30秒/1分/5分
逆スキップ再生 ファイルスキップ/3秒/5秒/10秒/30秒/1分/5分
実用最大出力 280mW(スピーカー 8Ω)
イヤホンジャック 直径3.5mm(インピーダンス 8Ω以上)
マイクロホンジャック 直径3.5mm(インピーダンス 2.2KΩ)
電池持続時間
(当社試験法による)
リニアPCM形式44.1kHz/16bit:内蔵ステレオマイク録音時約20時間
(録音モニターON時)
:内蔵ステレオマイク録音時約29時間
(録音モニターOFF時)
:イヤホン再生時約29時間
:スピーカー再生時約23時間
MP3形式128kbps:内蔵ステレオマイク録音時約19時間
(録音モニターON時)
:内蔵ステレオマイク録音時約29時間
(録音モニターOFF時)
:イヤホン再生時約26時間
:スピーカー再生時約21時間
WMA形式8kbps:内蔵ステレオマイク録音時約16時間
(録音モニターON時)
:内蔵ステレオマイク録音時約23時間
(録音モニターOFF時)
:イヤホン再生時約27時間
:スピーカー再生時約22時間
パソコン動作環境
(本機で録音したファイルを
USB接続でパソコンに
保存する際の動作環境)
<Windows>
●対応OS:Microsoft Windows XP/ Windows Vista/ Windows 7/ Windows 8/8.1 標準インストール(日本語版)
●USBポート:1つ以上の空き
<Macintosh>
●対応OS:Mac OS X 10.5 - 10.9標準インストール(日本語版)
(ただし録音したWMAファイルを再生するためには、Windows Media Player for Macのインストールが必要です)
●USBポート:1つ以上の空き
「Olympus Sonority」のパソコン動作環境 <Windows>
●対応OS:Microsoft  Windows XP/Windows Vista/Windows 7/ Windows 8/8.1 標準インストール(日本語版)
<Macintosh>
●対応OS:Mac OS X 10.5 - 10.9 標準インストール(日本語版)
電源 電専用充電池LI-50Bまたは付属ACアダプターA514使用
外形寸法 115(長さ)×51(幅)×17.9(奥行)mm(最大突起部含まず)
質量 105g(電池含む)
付属品 CD-ROM(Olympus Sonority)、カナル型ステレオイヤホン、USB接続ケーブル、USB変換アダプター、専用充電池LI-50B、ACアダプターA514、取扱説明書(保証書)、キャリングケース、ストラップ
  • 本リリースに掲載されている内容は、報道関係者向けに発表した情報です。
  • 掲載内容は、発表日現在の情報であり、ご覧になっている時点で、予告なく情報が変更(生産・販売の終了、仕様、価格の変更等)されている場合があります。
  • 掲載されている社名、製品名、技術名は各社の商標または登録商標です。

本文の終わりです





Copyright OLYMPUS CORPORATION All Rights Reserved.