ページの先頭です




本文の始まりです


2015年9月16日

高精細な映像で手術をサポートする

4K技術搭載の外科手術用内視鏡システムを発売

ソニー・オリンパスメディカルソリューションズが技術開発を担当

4K外科手術用内視鏡システム

左:4K外科手術用内視鏡システム(システムセット例)
中央:4Kカメラヘッド  右:高解像硬性腹腔・胸腔鏡
4K外科手術用内視鏡システムに、4Kカメラヘッドと 高解像硬性腹腔・胸腔鏡を組み合わせて使用します。


オリンパス株式会社(社長:笹 宏行、以下オリンパス)は、4K技術を搭載した外科手術用内視鏡システムを2015年10月上旬から日本とヨーロッパで順次発売します。本製品は、当社とソニー株式会社(社長 兼CEO:平井一夫、以下ソニー)との医療事業に関する合弁会社であるソニー・オリンパスメディカルソリューションズ株式会社(設立2013年4月16日、社長:勝本 徹、以下ソニー・オリンパスメディカルソリューションズ)が技術開発を担当した製品です。

  • 本リリースに掲載されている内容は、報道関係者向けに発表した情報です。
  • 掲載内容は、発表日現在の情報であり、ご覧になっている時点で、予告なく情報が変更(生産・販売の終了、仕様、価格の変更等)されている場合があります。
  • 掲載されている社名、製品名、技術名は各社の商標または登録商標です。


本文の終わりです





Copyright OLYMPUS CORPORATION All Rights Reserved.