「ねことじいちゃん」映画監督記

岩合さんが初監督を務める映画「ねことじいちゃん」。その撮影の様子を、お届けします。

岩合光昭、初めて映画監督に挑戦します!


ある日、映画のプロデューサーの方が僕を訪ねていらっしゃいました。ねこまき(ミューズワーク)さんの人気コミック『ねことじいちゃん』(KADOKAWA刊)の実写映画化を考えているのだけれど、「岩合さん、じいちゃん役で出演してくれませんか?」とおっしゃるのです。 「ええーっ!」とびっくり仰天。「僕はカメラの前でなく、カメラの後ろにいる人間ですよ」と申し上げると、にっこり笑って脚本を差し出されました。「冗談です。この映画の監督をしてくれませんか」。

「ねことじいちゃん」は、ある小さな島で暮らす、妻に先立たれた大吉じいちゃんとオスネコのタマの暮らしを描くコミックです。僕は監督のお話をいただく前に、偶然にも読んだことがあり、作者ねこまきさんのことも存じ上げていました。実は、ねこまきさんが描くほのぼのとしたタッチが好きで、ネコ番組のガイドブックのイラストをお願いしたことがあるのです。

監督をしてほしいというオファーをとても光栄に思いました。しかし、僕はこれまで映画の監督をしたことがありません。ネコのドキュメンタリー番組は撮ってはいるものの、役者さんの演出など未知の世界です。「やってみたい」という意欲と、「果たして僕に務まるのか」という不安が、心の中で激しく葛藤します。しばらく考える時間をいただきました。脚本を何度も読み返しました。そして、こんな思いに至りました。「単にネコが出ている映画ではなく、ネコの世界を主役として描いた、本当の意味でのネコ映画ができないものか。ヒトの物語とともに、ネコの物語が軸になった、僕にしかつくれないようなネコ映画に挑戦したい」。 僕は、脚本にネコのストーリーにもっと重点をおくことを提案し、初めての映画監督に挑戦することを決意しました。

プロデューサー深瀬和美さんのお話

ネコといえば、岩合さん。監督は岩合さんしかいないと思っていました。ネコのことがわかっていらっしゃることはもちろんですが、映画の舞台は小さな島。テレビのネコの番組でも、ネコとともにその土地の情感をうまく表現されているのが魅力で、何でもないような島の毎日を詩情豊かに描いてくれると期待してのことです。ですので、監督をお引き受けいただいた時は本当に嬉しかったです。ネコ好きのみならず、老若男女すべての人たちが、映画を観たあとに「こんな島で暮らしてみたい」と思うような作品にしたいと思っています。

大吉役は、立川志の輔さんしか考えられない!


©2018「ねことじいちゃん」製作委員会

映画「ねことじいちゃん」は、日本のとある島で暮らす大吉と、オスネコのタマによる、つつましくも豊かな「一人と一匹」暮らしを描く物語です。

主役の大吉というキャラクターは、元校長先生。どなたに演じてもらうのがいいだろうと思ったとき、僕の頭に浮かんだのが、落語家の立川志の輔さんでした。

実は以前、志の輔師匠は僕のネコの写真展を観にきてくださったことがあり、それがご縁で食事をご一緒する機会がありました。そのとき仕事の話が白熱したのですが、志の輔師匠の理にかなった話し方に、「なかなか学究肌の方だな」という印象を受けました。

「大吉役は、志の輔師匠しかいない!」僕はすぐに直接お電話し、オファーさせていただきました。

電話の向こうの志の輔師匠はたいへん驚いていらっしゃいました。そして、「そんな大役を軽はずみにお引き受けできない」と断られてしまいました。映画となると長期間スケジュールを空けていただかねばならず、お忙しい師匠には、それもなかなかハードルが高かったとも思います。

しかし数日後、札幌にいた僕に、志の輔師匠からお電話がありました。「私は役者ではなく、落語家だ。落語と演じることとは全く違うと思っている。それでも映画の話、挑戦してみようという気持ちになりました」。

僕は跳び上がるほどうれしかった。「大丈夫です。自然体でネコを可愛がってくださりさえすればいいんです。大吉役は師匠しかいません、師匠ならできます」。

志の輔師匠にお引き受けいただきホッと安心するとともに、一緒に挑戦していただく師匠の期待に応えねばと、僕の背筋も伸びました。

立川志の輔さん(主演)のお話

「えっ、落語家の私にですか!?」青天の霹靂とはこのことで、何かの間違いだとしか思えないほどのムチャぶりのオファーでした。けれども私は、岩合さんのネコ番組も欠かさず見ていましたし、岩合さんが撮る、ネコをはじめとした動物写真の大ファン。ましてや初監督作品とのこと。

このご縁は、私も大好きなネコたちがこしらえてくれたものだと信じ、初挑戦させていただくこととなりました。岩合監督からはもちろん、ネコの「タマ」さんからも駄目出しされないよう、精一杯努めたいと思っております。

百匹以上ものネコたちの中から、僕のハートを射止めたのは、ベーコンくん!


映画「ねことじいちゃん」の主役といえば、大吉じいちゃん役の立川志の輔さん。そして他に、重要な主役がいます。大吉じいちゃんと一緒に暮らす、ネコのタマです。

この映画は、タマ役のキャスティングが成功のカギを握っているといっても過言ではありません。果たしてタマを務められるネコが見つかるのか。僕は不安と期待が入り混じった気持ちで、タマ役のオーディションの日を迎えました。オーディション会場は、映画会社の大会議室。志の輔師匠にもお越しいただき、広い会議室の端から端まで、ネコと一緒に歩いてもらうことにしました。

ネコのなかには、大勢のヒトの気配にすくんでしまったのか、なかなか歩こうとしないネコもいます。

そんな中で、ある一匹のキジトラのネコの番がやって来ました。彼を見た瞬間、「お、なかなかいい顔をしているな」と思いました。すると、そのネコは、そこにいる一人ひとりの足元をスリスリと挨拶するように歩き回ったかと思うと、志の輔師匠の顔を何度も見上げたのです。その様子がまさに、僕が思い描く大吉とタマ。志の輔師匠と並んで歩いても、相性ぴったりです。「もうこのこしかいない!」と思いました。それが、ベーコンくんでした。

しかし、ベーコンくんには問題がありました。キジトラの毛並みは暗いため、からだが背景に溶け込んでしまい、映像が映えないのではないかという懸念があったのです。撮影スタッフ、照明スタッフと協議しました。ベーコンくんのお腹には白っぽい毛がある。これなら逆光のなかでも、立体的な映像が撮れるだろう、心配はいらないという結論に達しました。

また彼には年齢の問題もありました。原作のタマは10歳ですが、ベーコンくんの実年齢は4歳。とても10歳には見えないため、映画では6歳という設定に変えることにしました。

こうしてタマ役として主演が決まったベーコンくん。かわいいネコ、きれいなネコは他にもいました。でも、ちゃんと動きができそうなベーコンくんに、僕は賭けることにしたのです。

ヒロイン美智子役は、ネコが大好きだという、柴咲コウさん!

2018/10/26更新


©2018「ねことじいちゃん」製作委員会
(撮影:Machi Iwago)

柴咲コウさんが大のネコ好きということは、以前から耳にしていました。これまで何匹もの保護ネコをお世話されてきたそうです。凛とした存在感がとても素敵な女優さんですし、都会から島へ移住してカフェを開くヒロインの美智子役は、ぜひ柴咲さんにお願いしたいと切望していたところ、「出演OK!」のお返事。うれしかったです。

撮影が始まると、柴咲さんは素晴らしい演技力で初監督の僕を助けてくれましたし、本当に心からネコを愛している方なので、ネコとの撮影でもとても助けられました。タマはもちろん他のネコたちも、本番でごく自然にちゃんと柴咲さんのほうへ近寄っていくんです。ネコにも柴咲さんの気持ちが伝わっているんだなぁと思いました。

撮影が始まって間もなく、主要キャストが集まるシーンがありました。大勢のヒトの中にネコたちもいて、「アクション!」と声をかけた後は、「頼むぞ、役者さん達と上手くやってくれ」と祈るような気持ちで、僕は固唾を飲んでネコばかりを見つめていました。ネコたちが上出来な演技をしてくれ、「カットー!」の声をかけると、つかつかと柴咲さんが僕のもとにきて「監督、ネコばかり見てないで、私も見て!」と、手を腰に当て茶目っ気たっぷりに鋭いツッコミ。これには、役者さんたちもスタッフも頷きながら大爆笑。以後、ネコばかりに気をとられず、役者さんの演技をちゃんと見ようと、初監督の僕は気をつけるようにしました。

柴咲コウさん(ヒロイン)のお話

岩合さんが初監督、志の輔さんが初主演。“初めて”に出会えるのは一度きりしかないので、2つもある“初めて”を、現場を共にして体感したいと思い、ご一緒させていただきました。あとはなにせネコが大好きなので、ネコと楽しく毎日を過ごすように撮影ができたら最高だなと思って。実際その願いの通りになり、とても楽しい撮影でした。
もちろんたくさんネコが出てくる映画ですが、ネコと島の人たちとの暮らしを通して、どうしたら朗らかな気持ちで生きていくことができるか、本当に豊かなことは何か、これからの年の取り方を前向きに考えさせてくれるメッセージが随所ちりばめられている作品になるのではないかと思います。

演技のことは素人の僕ですが、素敵な役者さんたちが出演してくださいました。

2018/11/26更新


映画を観るのは大好きなんですが、監督をするのは初めて。演技のことは、まるっきり素人。にもかかわらず、映画「ねことじいちゃん」は、主役の大吉を演じてくださった立川志の輔さん、ヒロインの柴咲コウさんのほか、僕が大好きな存在感のある役者さんたちが、出演を引き受けてくださいました。

大吉の親友で大のネコ嫌いの巌の役が、小林薫さん。大吉の亡き妻よしえが、田中裕子さん。島で唯一の病院で働く若村健太郎が、柄本佑さん。巌の初恋相手であるサチが、銀粉蝶さん。大吉の息子である剛が、山中崇さん。ネコ好きの郵便局員である内村聡が、葉山奨之さん。そして、田根楽子さん、小林トシ江さん、片山友希さん、立石ケンさん。ありがたいことに、中村鴈治郎さんも僕の初監督を応援しようと、友情出演してくださいました。ご本人は、「友情出演じゃなくて、強制出演だぁ!」と笑っていらっしゃいますが。こんな豪華なキャストに出演いただいて、本当に初監督冥利に尽きます。

出演者の方々からのメッセージをちょっとご紹介します。

小林薫さん

「ネコがメインの話なので、動物と人間が絡む映画って大変になるけれど、その分出来上がったら面白そうだなと思って参加しました。どんな作品に仕上がっているのか、出来上がりが楽しみです。」

田中裕子さん

「岩合さんが撮られる映像の中で、ネコと一緒に。志の輔さんと一緒に。映してもらえるなんて、幸せでした。」

柄本佑さん

「撮影はすごく楽しかったです。島で長い時間をかけて撮影するのが久しぶりで、すごく映画作りの醍醐味を味わいながらできましたね。ネコ好きなので、ネコかわいいなって癒されました。」

銀粉蝶さん

「私も大変なネコ好きでして、ネコのみーちゃんとの共演は、最初はお互い緊張していて大変でした。でも、島で撮影していくうちに気心も知れて(笑)仲良くなりました。ネコ好きじゃない!という方にも見ていただけたらうれしいですね。」

山中崇さん

「ネコとずっと一緒に芝居するのが初めてで最初は戸惑いましたが、どう動くかわからない面白さはすごく新鮮でした。今まで見たことない映画になっていると思います。主演の志の輔さんと岩合監督によって、どんな化学変化が起きるのか僕自身も楽しみです。」

葉山奨之さん

「風景や緑や照明などにこだわっていて、その中に自分がいるというのはうれしかったですね。岩合監督の写真集の中に自分もいるような気持ちで、毎回撮影していました。ちっちゃい子からお年寄りの方々まで幅広い方が、すごくほっこりする作品だと思うので、家族で見てほしいなって思います。」