展示の紹介

オリンパスミュージアムの展示内容を紹介します。

医療

世界初の実用的な胃カメラ「GT-I」の写真
世界初の実用的な胃カメラ「GT-I」(1952年)

1950年に世界初の実用的な胃カメラの開発に成功し、現在、消化器分野で世界シェアの約7割を有する内視鏡事業がはじまりました。日本機械学会から「機械遺産」に認定されたガストロカメラI型「GT-I」(1952年)やビデオ内視鏡システムの展示、内視鏡に使う処置具、内視鏡外科手術製品を体験できるスペースなど、様々な内視鏡技術を紹介しております。

医療の展示写真 その1

医療の展示写真 その2

医療の展示写真 その3

医療の展示写真 その4

医療の展示写真 その5

医療の展示写真 その6

科学(ライフサイエンス・産業ソリューション)

当社初の顕微鏡「旭号」の写真
当社初の顕微鏡「旭号」(1920年)

1919年顕微鏡量産化の夢を抱き、創業者山下長(やました たけし)は会社を設立しました。当社初の顕微鏡「旭号」(1920年)からはじまり、最先端の医学、産業、研究を支える顕微鏡製品をご覧いただけます。航空機のエンジンや橋梁など、産業機器・社会インフラの検査で欠かせない非破壊検査装置の展示、生物顕微鏡や実体顕微鏡を用いたサンプルの観察や工業用内視鏡を実際に体験することができます。

科学の展示写真 その1

科学の展示写真 その2

科学の展示写真 その3

科学の展示写真 その4

科学の展示写真 その5

科学の展示写真 その6

映像(カメラ・オーディオ)

当社初のカメラ「セミオリンパスⅠ型」の写真
当社初のカメラ「セミオリンパスⅠ型」(1936年)

1934年に顕微鏡づくりで培った光学技術を生かして、カメラレンズの研究に着手し、1936年にズイコー(瑞光)レンズが誕生しました。当社初のカメラ「セミオリンパスI型」(1936年)をはじめ、フィルム時代の「オリンパスペン」や「OMシリーズ」など数々の名機と共に、歴代のマイクロカセットレコーダーやオーディオ製品、デジタルカメラをご覧頂けます。また、実際に製品に触れて体感できるコーナーもございます。

カメラ、ICレコーダー、双眼鏡は、オリンパス(株)が所有・管理する製品ではなくなりました。2021年1月以降、OMデジタルソリューションズ(株)に移管され、販売されております。

映像の展示写真 その1

映像の展示写真 その2

映像の展示写真 その3

映像の展示写真 その4

映像の展示写真 その5

映像の展示写真 その6