中国で次世代教育支援活動を担当するCSR部門のメンバー

オリンパスの技術・製品を通じた次世代教育支援活動により、子どもたちの将来の夢を刺激し、長期的な育成に焦点を当てたい―

Q: オリンパスに入社した理由を教えてください。

オリンパスの社員から、彼らの仕事に対する強い情熱を感じた―

私にとってオリンパスの第一印象はカメラと医療機器のリーディングカンパニーであり、それは自分にとって理想的なキャリアの選択肢でした。オリンパスの就職面接では、私が面接を受けた部署と人事部の両方の社員から仕事に対する強い情熱を感じたので、オリンパスに入社したいと決心しました。幸いなことにオリンパスで働くことができるようになり、その考えが賢い選択だったと思っています。

Q: オリンパスでは具体的にどのような仕事をしていますか?またどんな時にやりがいを感じますか?

子どもたちが有意義な知識を身に付けたり将来の仕事に対して夢を持つことができたとき、その達成感は言葉では言い表せない―

私の仕事は、中国において次世代教育支援に関するCSR(企業の社会的責任)活動を実施することです。教育プロジェクトを行う際の課題は、常に新しい知識を学ぶ必要があるということです。科学的な原理を理解すれば、知識をよりよく子どもたちに伝えることができます。特に、オリンパスは高度な技術を多く持っているので、技術情報のカギとなる重要なメッセージを正確に伝えるには深い理解が必要です。しかし、オリンパスの製品や技術知識が教育プロジェクトに参加した子どもたちに伝わり、彼らが有意義な知識を身に付けたり将来の仕事に対して夢を持つことができたとき、その達成感は言葉では言い表すことができません。

Q: ある一日のお仕事の例を紹介してください。

私の業務スケジュールは、取り組んでいる教育プロジェクトの段階によって異なるため、あるプロジェクトのプロセスを例に紹介します。

  • はじめに、部門内で教育プロジェクトの提案をし、対象者と子どもたちに伝えたいメッセージを決定します。また同時に、タイムスケジュールと教育イベントの開催場所を検討します。
  • 製品情報は常に教育支援活動の重要な要素であるため、社内の各事業分野に所属する同僚に専門知識について相談します。例えば、医療用内視鏡を使用して胃腸の健康に関する知識を子どもたちに提供する方法や、蛍光X線分析装置で金属の成分分析をする方法、デジタルカメラの手振れ補正機能の見せ方などです。このプロジェクトを実施するには、社員たちの結束力が重要です。同僚による技術サポートが、プロジェクトをより良いものにしてくれます。
  • プロジェクトの計画が完成した後、イベント内容のリハーサルを行い、製品や設備がきちんと稼働するか確認します。
  • そして最後に、イベントの当日は、イベントをサポートしてくれる他部門の社員と一緒に参加する子どもたちを歓待し、科学の知識を活かしたイベントを楽しんでもらいます。

Q: 今の仕事に必要なスキルは何ですか? また学生時代の専攻は何ですか?

さまざまなビジネスの能力だけでなく、仕事に対する心からの情熱が必要―

教育プロジェクトを管理する上で基本的に必要なことは、プロジェクト全体を通した計画能力です。すべてのプロジェクトの背景には、核となる情報の要約、スケジュール計画、概要報告と評価、緊急時の対応、プロジェクトで使用する資材の品質と配送の管理など、考慮すべき事項が数多くあります。社内でのコミュニケーションだけでなく、対人関係が重要となる社外からのサポートも必要です。こうした基本的な要件に加えて、俊敏性を維持することも重要です。知識を常にアップデートし、教育の最新動向を把握し、青少年とのコミュニケーションスキルを学ぶ必要もあります。これらにはビジネスの能力だけでなく、仕事に対する心からの情熱も必要です。また最後に、グローバル企業で働くには、外国語が日常業務で非常に役立ちます。私は大学でスペイン語を学び、さらに英語と中国語を学びました。これにより、世界の他の地域から情報を収集し幅広い視野を得ることができます。

Q: 最後に「企業の社会貢献」について、どのように感じていますか?

オリンパスにおける私の社会貢献活動の経験は、主に次世代教育に焦点を当てたCSR活動業務です。これは、オリンパス独自の高度な光学技術と最先端の光学機器を活用した、非常にオリンパスらしい社会貢献活動です。また、そうした次世代教育支援活動を行うにあたり、グローバルでオリンパスの社員が協力し合い、常に世界中のCSRメンバーから刺激を受けながら、「地球市民」として教育プロジェクトを実施しています。活動中は、物理学、生物学、健康分野などの科学知識に加えて、医師、エンジニア、科学者になりたいという子どもたちの将来の夢を刺激することで長期的な育成に焦点を当て、より深い影響を与えようとしています。
オリンパスは中国で長年にわたり若い世代の教育プロジェクトを実施してきました。2014年より毎年、大都市の科学博物館や大型のショッピングモールで光学技術のイベントを開催しています。また2017年以降は、健康と光学技術に関する知識を小中学生に広める理科授業のプログラムも開始しています。今後もこうしたCSR活動を推進し、社会に貢献していきます。

関連リンク