外部イニシアティブへの参画

外部イニシアティブへのコミットメント

国連グローバル・コンパクト

国連グローバルコンパクト/WESUPPORTロゴ

オリンパスは2004年10月、国連が提唱する「グローバル・コンパクト」10原則に賛同し、参加を表明しました。
グローバル・コンパクト(GC)は、各企業が責任ある創造的なリーダーシップを発揮することによって、社会のよき一員として行動し、持続可能な成長を実現するための世界的な枠組みづくりに参加する自発的な取り組みです。
オリンパスは、このGC10原則の考えを企業行動憲章や各種方針に反映し、実践に向けた取り組みを行っています。
また、2009年からはGCの気候変動に関するイニシアティブのメンバーとして「Caring for Climate 」にも賛同し署名したほか、2018年4月にはグローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパンの「腐敗防止強化のための東京原則」への賛同を表明しています。
そのほかに、グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパンのDRR(Disaster Risk Reduction)分科会に参加しています。

気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)

気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)

気候関連のリスクと機会についての情報開示を促すために金融安定理事会が「気候関連財務情報開示タスクフォース(Task Force on Climate-related Financial Disclosures、以下、TCFD)」を設置しました。2017年6月に公表されたTCFD提言(最終報告書)に基づき、オリンパスは2021年4月に賛同表明しています。