オリンパス職場体験

オリンパスは医療機器や顕微鏡、カメラなどを作って売る「製造販売会社(メーカー)」です。製造販売会社の中には、さまざまな仕事をする社員がおり、仕事の内容によって会社の中での役割は異なります。そうしたそれぞれの役割を持つ社員の集まりは一般的に「組織」と呼ばれ、会社はそれらの組織がうまくまとまって活動し利益を生み出しています。またそれと同時に、世の中で役立つ製品をつくり出したり、働く社員の暮らしを守ったりしています。

一般的な製造販売会社における会社組織の全体像(例)

  1. 製品創りに必要な情報を得る:マーケティング
  2. 製品を創り出す:研究・開発、製品デザイン、知的財産管理、品質保証
  3. 製品を製造する:資材調達、製造工場
  4. 製品を送り出す:物流、受注・在庫・出荷管理
  5. 製品を販売する:営業、マーケティング、製品PR・宣伝
  6. 製品のアフターフォローをする:メンテナンス・サービス、コールセンター
  7. 会社全体の運営を支える:経営企画、財務・経理、法務、人事、総務、監査、IT、広報、CSR、環境、コンプライアンス、など

このコラムでは、世界中のオリンパスで、さまざまな仕事を担当している社員に話を聞き、各職場での具体的な日々の業務内容について紹介します。また、オリンパスで働くことを通じて「社会の役に立っている」と感じる点についても語ってもらいます。(順次、新規インタビュー公開予定。)

社員の仕事