まなぼう!顕微鏡けんびきょうとは?

1. 顕微鏡けんびきょう基本的きほんてき仕組しく

顕微鏡けんびきょうは、レンズや照明しょうめい工夫くふうすることにより、ちいさなものを、よりおおきく、よりはっきりえるようにして、対象物たいしょうぶつ拡大かくだいしてたいもののこと)を観察かんさつできる装置そうちです。一般的いっぱんてき顕微鏡けんびきょうは、ちがったはたらきをする何枚なんまいものレンズをわせてつくられています。そして照明しょうめい装置そうちは、たい対象物たいしょうぶつ性質せいしつや、観察かんさつ目的もくてきわせてよりえるよう、ひかりかた種類しゅるいえることができます。
一般的いっぱんてき顕微鏡けんびきょうは、おも対物たいぶつレンズと接眼せつがんレンズという2種類しゅるいのレンズや、対象物たいしょうぶつをのせるステージというだい、そして照明しょうめい装置そうちなどでてられています。ステージのうえにのせられた対象物たいしょうぶつは、まずは対象物たいしょうぶつのすぐちかくにある対物たいぶつレンズで拡大かくだいされます。そしてさらに接眼せつがんレンズで拡大かくだいされて、おおきくることができる仕組しくみです。

また、対物たいぶつレンズのなかには、よりくはっきりと対象物たいしょうぶつえるように、何枚なんまいものレンズがわされてはいっています。

2. 顕微鏡けんびきょうえるもの

では、顕微鏡けんびきょうではどのくらいちいさなものがえるのでしょうか。人間にんげんえるもののおおきさは、だいたい0.1mmくらいまで、とわれており、ほそかみふと程度ていどです。
オリンパスでつくっている「光学こうがく顕微鏡けんびきょう」という種類しゅるい顕微鏡けんびきょうでは、だいたい0.2μm(マイクロメートル)、つまり0.0002mmくらいちいさなものまでることができます。ひとているものを1ばいとすると、光学こうがく顕微鏡けんびきょうではやく1500ばいまでにしてることができるのです。

では、実際じっさい顕微鏡けんびきょうでは対象物たいしょうぶつがどのようにえるのか、いくつか紹介しょうかいします。

顕微鏡けんびきょうは、このような生物せいぶつ観察かんさつにも使つかわれますが、それ以外いがいにもいろいろなところで使つかわれています。
ではつぎに、初期しょき顕微鏡けんびきょう歴史れきししょうかいします。

3. 顕微鏡けんびきょう歴史れきし

最初さいしょの「顕微鏡けんびきょう」とばれるものは、1590ねんにオランダで眼鏡めがねつくってっていたヤンセン親子おやこふたつのレンズをわせてつくったものとわれています。ただし、当時とうじ顕微鏡けんびきょう充分じゅうぶん倍率ばいりつがなかったため、めずらしいものがえるオモチャとしてのあつかいだったようです。

そして1665ねんごろ、イギリスのフックというひとふたつのレンズを工夫くふうして、拡大かくだいしてることができる顕微鏡けんびきょうつくりました。これは現在げんざい顕微鏡けんびきょうもとになるもので、「複式ふくしき顕微鏡けんびきょう」とばれています。フックは、「コルクの細胞さいぼう」や「のみ」などを観察かんさつし、とてもこまかく正確せいかく観察図かんさつずえがのこしています。

おなころ、オランダのレーウェンフックというひと顕微鏡けんびきょうつくっています。「単式たんしき顕微鏡けんびきょう」という、レンズがひとつだけいたとてもちいさな簡単かんたんなもので、虫眼鏡むしめがね倍率ばいりつおおきくしたものでした。しかしその倍率ばいりつは、やく70~250ばいもあったそうです。この顕微鏡けんびきょうによって、血液中けつえきちゅう赤血球せっけっきゅう水中すいちゅう微生物びせいぶつなどが発見はっけんされ、生命せいめい研究けんきょうする学問がくもんもととなりました。

その、ドイツを中心ちゅうしん顕微鏡けんびきょうのレンズや照明しょうめい装置そうち改良かいりょうされ、現代げんだい顕微鏡けんびきょう基本きほんとなるかたち確立かくりつされました。
ちなみに、日本にほんはじめて顕微鏡けんびきょう輸入ゆにゅうされたのは江戸えど時代じだいの1750ねんごろとされています。さらに1781(天明元てんめいがんねんには、日本にほんはつ顕微鏡けんびきょうつくられましたが、まだつくられたものでした。その明治めいじ時代じだいの1880ねんごろから、金属製きんぞくせい顕微鏡けんびきょうがドイツなどから輸入ゆにゅうされるようになりました。

そして、オリンパスの顕微鏡けんびきょう誕生たんじょう

いまからやく100年前ねんまえ日本にほんで、オリンパスがはじめて顕微鏡けんびきょうつくったのは1920ねんのことでした。当時とうじ日本にほんでは顕微鏡けんびきょう必要ひつようとしているひと大勢おおぜいいましたが、海外製かいがいせいのものは値段ねだんたかく、おおくのひといれれるのはむずかしい状況じょうきょうでした。
そのころ日本にほん外国がいこくっていたおもな輸出品しゅつひん生糸きいとでした。生糸きいとかいこまゆからつくられるので、かいこ病気びょうきになってすべてんでしまうと、当然とうぜん生糸きいとつくることはできません。当時とうじ日本にほんでは、顕微鏡けんびきょう使つかってかいこ病気びょうき検査けんさおこなうことが、非常ひじょう重要じゅうようだったのです。

そのためオリンパスは、はいりやすい値段ねだん顕微鏡けんびきょう日本にほんつくることに挑戦ちょうせんし、おな品質ひんしつものをたくさんつくる「量産化りょうさんか」に成功せいこうしました。それが、「旭号あさひごう」という顕微鏡けんびきょうです。

こうして、はじめて日本製にほんせい顕微鏡けんびきょう量産りょうさんされて以来いらい、オリンパスの顕微鏡けんびきょう現在けんざいしんつづけています。そこでつぎ項目こうもくでは、現在げんざい、オリンパスのさまざまな顕微鏡けんびきょうがどのような場面ばめん使用しようされ活躍かつやくしているのかを紹介しょうかいします。

5. 顕微鏡けんびきょう活躍かつやくしている場面ばめん

オリンパスの顕微鏡けんびきょうには色々いろいろ種類しゅるいがありますが、どのような場面ばめん使つかわれて活躍かつやくしているのかをおはなしします。

病院びょういん

オリンパスの顕微鏡けんびきょうは、病院びょういん医者いしや、検査けんさセンターの臨床りんしょう検査けんさ技師ぎしといわれる検査けんさ専門家せんもんかなどに使用しようされています。ひと動物どうぶつの、細胞さいぼう血液けつえき尿にょうなどをて、病気びょうき検査けんさ診断しんだんなどをするとき使つかわれます。

病院びょういん検査けんさセンターなどで活躍かつやくするオリンパスの顕微鏡けんびきょう

細胞さいぼう血液けつえき尿にょうなどを検査けんさしたり、病気びょうき診断しんだんをするとき使用しようされる顕微鏡けんびきょうです。

研究所けんきゅうじょ

オリンパスの顕微鏡けんびきょうは、大学だいがく企業きぎょうなどのさまざまな研究所けんきゅうじょ先生せんせい学生がくせい研究者けんきゅうしゃ使用しようされています。顕微鏡けんびきょうは、生命せいめいのなぞをかそうとする研究けんきゅうや、病気びょうき原因げんいんくわしく調しらべて病気びょうきあたらしいくすり開発かいはつしたり、製品せいひん使用しようする丈夫じょうぶ新素材しんそざい研究けんきゅう開発かいはつするときなどに使つかわれています。たとえば、「iPS細胞さいぼう研究けんきゅう」や「のう神経しんけい機能きのう研究けんきょう」などの生命せいめい科学かがく医学いがく分野ぶんやや、「かるくてやわらかいのにつよくて丈夫じょうぶ新素材しんそざい研究けんきゅう」といった産業さんぎょう分野ぶんやなど、さまざまな研究けんきゅう開発かいはつ場面ばめんひろ使用しようされています。

大学だいがく企業きぎょう研究所けんきゅうじょなどで活躍かつやくするオリンパスの顕微鏡けんびきょう

最新さいしん研究けんきゅうにもてきした最高級さいこうきゅう顕微鏡けんびきょうです。ノーベルしょう受賞じゅしょうされた先生方せんせいがたにも使つかわれています。

製品せいひんをつくる工場こうじょう

オリンパスの顕微鏡けんびきょうは、ものをつくるさまざまな会社かいしゃ製造せいぞう工場こうじょうで、製造部せいぞうぶ検査部けんさぶというところでも使つかわれています。ちいさな部品ぶひんてるときや、製品せいひんまえに、その製品せいひんこまかい部分ぶぶんただしくつくられているかどうかを検査けんさするときなどにも、顕微鏡けんびきょう役立やくだっています。

ものをつく工場こうじょう活躍かつやくするオリンパスの顕微鏡けんびきょう

対象物たいしょうぶつ立体的りったいてきえる実体じったい顕微鏡けんびきょうです。こまかい部品ぶひんてたり、製品せいひん検査けんさするとき使つかわれます。

「レーザー」という技術ぎじゅつ使つかっている工業用こうぎょうよう顕微鏡けんびきょうです。ちいさなもののおおきさを正確せいかくはかることもできる、最新さいしん技術ぎじゅつ使つかった顕微鏡けんびきょうです。

このように、オリンパスの顕微鏡けんびきょうは、医療いりょう科学かがく研究けんきゅう、ものづくりの現場げんばなどでやくっています。このほかにも、水道すいどう水質すいしつ検査けんさ食品しょくひん検査けんさ使つかわれるなど、社会しゃかいのさまざまな場所ばしょでいろいろな顕微鏡けんびきょう活躍かつやくしています。

関連リンク