患者さんのために

基本的な考え方

オリンパスグループは、経営理念である「世界の人々の健康と安心、心の豊かさの実現」のため、患者さんのケア・パスウェイ(予防から回復)に焦点をあてた活動を行っています。患者さんのケア・パスウェイを重視しながら、疾患の包括的な理解と管理を通じてケア・パスウェイを強化するためのソリューションを生み出し、手順を最適化する方法を模索し、患者さんの生活の質(QOL)の向上を目指します。

取り組み

患者さんのケア・パスウェイ向上の取り組み (日本における大腸がんの事例)

ケア・パスウェイにおける「予防」の取り組みとして、早期発見・早期治療が大切ながん治療において、検診の大切さの啓発や、検査・治療に関するさまざまな情報を医師監修のもとで発信するWebサイト運営(下図①)や検診の大切さを啓発する活動を行っています(下図②)。 「早期診断(早期発見)」「確定診断」「治療」の取り組みとして、医療機関には内視鏡システムや内視鏡診断を支援する技術、患者さんの負担を少なくできる低侵襲手術を可能とする各種処置具を提供しています。(下図③)
また、必要な検査がスムーズに行えるようメンテナンス情報発信なども行い(下図④)、患者さんのケア・パスウェイに包括的に取り組むことで、患者さんのQOL向上を目指します。