胃・大腸がん検診と内視鏡検査に関する意識調査白書2021

オリンパスは、全都道府県別に30~60代男女計18,800人を対象として調査を実施し、「胃・大腸がん検診と内視鏡検査に関する意識調査白書2021」を発行しました。消化器内視鏡のリーディングカンパニーであるオリンパスは、以前より企業市民活動の一環として、自治体とがん対策に関する協定を締結するなど、胃がん・大腸がんの検診・精密検査の受診率向上に向けた取り組みを行っています。

今回、この白書を発行することで、一般市民のみなさまにがんおよびがん検診についての理解を深めていただくきっかけとなることを願っています。また、全国の医療行政や医療従事者の方々にもこの白書を活用していただくことで、胃がん・大腸がんの検診・精密検査の受診率向上や、胃がん・大腸がんの早期発見・早期治療によるがん死亡率の低減に貢献してまいります。

監修医師コメント


監修医師 河合 隆 先生
東京医科大学
消化器内視鏡学主任教授・
健診予防医学センター部長兼任

検査技術・内視鏡技術は日々向上。がんとがん検診に対する正しい認知を広げ、定期的な検診受診を

  • 正しい知識が、がんから命を守る
  • コロナ禍でのがん検診受診控えのリスク
  • 死亡率低減効果が知られていない、胃・大腸がん検診。正しい知識の周知が課題
  • 職域検診の受診機会のない人にも、がん検診の死亡率低減効果が認知されるように
  • 内視鏡の日々の進化。がんを治る病気に

主な内容

  • 健康への意識、がんに対する理解とイメージ

  • 胃がん検診・精密検査についての意識

  • 大腸がん検診・精密検査についての意識

調査詳細データ(全国・都道府県別)

「胃・大腸がん検診と内視鏡検査に関する意識調査白書2021」(全国版)と、各都道府県別のデータをご覧いただけます。

調査概要

1. 調査目的:

国民の胃・大腸のがん検診や内視鏡検査に関する意識と行動について、年代・性別等属性ごとの傾向を把握し、胃・大腸がん検診の受診率向上や胃・大腸がんによる死亡数低減に貢献していくために実施

2. 調査対象:

30~60代男女 18,800人(各都道府県 男女性年代別各50人)

30代が対象年齢とならないがん検診についてなど、設問によっては30代を除く40~60代の結果を表示しています。

3. 調査方法:

インターネット調査

4. 調査期間:

2021年3月5日(金)~2021年3月14日(日)

5. 調査内容:
  • 健康意識の変化や検診に対する意識など
  • 日本人の内視鏡や内視鏡検査に対するイメージ
  • 胃・大腸がん検診に対する意識と実態

内視鏡検査とは:胃の内視鏡検査(上部消化管内視鏡検査)は、口や鼻から内視鏡を挿入し、食道、胃、十二指腸の検査を行うものです。 大腸内視鏡検査は、肛門から内視鏡を挿入し、大腸の検査を行います。

  • 回答者の属性