科学分野で、生物顕微鏡のマーケティング・コミュニケーション業務全体をまとめるマネージャー

社会に貢献する企業の一員であることは、自分の仕事をよりやりがいのあるものにしてくれる―

Q: オリンパスに入社した理由を教えてください。

「世の中に良い影響を与えている」と感じることができる場所で働きたい―

非営利の芸術業界で15年近く働いた後、新たなことに挑戦したいと思いました。いくつかの転職先を検討しているうちに、「自分が世の中にプラスとなるような良い影響を与えているのではないか」と、感じることができる場所で仕事をしたいと考えるようになりました。オリンパスの経営理念は「世界の人々の健康と安心、心の豊かさの実現」です。私はその考えに共感し、オリンパスの製品でまさにそれを実現することができると思い、入社しました。

Q: オリンパスでは具体的にどのような仕事をしていますか? またどんな時にやりがいを感じますか?

営業チームをサポートするマーコムの仕事はとても広範囲。それらすべてのプロセスに関わることは、やりがいにもつながる―

科学事業部門で、生物顕微鏡を販売するためのマーケティング・コミュニケーション(マーコム)業務を取りまとめるマネージャーをしています。オリンパスの生物顕微鏡は、高校や大学、研究室で使用されており、病気の検査や病理学、がんの研究を行う場面などで活躍しています。そうした顕微鏡を販売するためのあらゆるマーケティング活動の場面で、新商品企画チームと協力し仕事をしています。マーコムでは、顕微鏡の新製品を発売する時に使用するカタログ制作から、ソーシャルメディアの活用計画や広告戦略の策定まで、製品を売る営業チームをサポートするためのさまざまな業務を行っています。仕事の幅が広くやるべきことが沢山ありますが、製品販売のプロセス全体に関わる業務は、とてもやりがいがあります。

病理学:病気の原因やメカニズムを探る学問。

Q: ある一日のお仕事の例を紹介してください。

私が取り組んでいる仕事は広範囲にわたるため、毎日のスケジュールは日によってかなり異なりますが、最近の一例を紹介します。

9:00-10:00 : メールチェック、目立った案件への回答。

10:00-11:00 : マーケティングの技術マネージャーとミーティング。ウェブページへのアクセス数増加に関係したマーコム活動の結果を測定するウェブ解析ツールについて、今後の活用方法を検討。

11:00-12:30 : 新製品のカタログとウェブページの内容をチェック。

12:30-13:00 : すばやく昼食をとる。

13:00-14:00 : 新製品紹介ビデオの内容について、ディレクターやビデオ制作者などのメンバーとミーティング。

14:00-15:00 : 毎月発行している社報の下書き。

15:00-16:00 : 新商品企画のマネージャーとミーティング。病気の検査用途で使用する顕微鏡の新発売プロジェクトについて、現在の状況とスケジュールの確認。

16:00-17:30 : 新製品の広告計画をチェック。広告制作に必要なものを提出する締め切り日などを確認。

17:30-18:00 : 本日分のメールを最終チェック。そして翌日のスケジュールを確認した後、帰宅。

Q: マーコムの仕事に必要なスキルは何ですか?

私の役割には、マーケティングとコミュニケーションに関するあらゆる面で、幅広い経験が必要となります。

私は芸術が大好きで、大学では演劇学を専攻しました。課外活動では演劇のマネージメントとマーケティングに専念し、それが卒業後の最初の仕事になりました。演劇や音楽イベントのマーケティングから、顕微鏡のマーケティングへ転職するのは珍しいように思うかもしれません。しかし、どちらも観客や顧客のことを理解し、イベントや製品を売り込むために観客や顧客に伝えるメッセージを決定し、それを伝える最適な手段を見つけ出そうとする点では同じです。そのため、私の役割には、マーケティングとコミュニケーションに関するあらゆる面において、幅広い経験が必要となります。戦略と戦術を理解することに加えて、複数のプロジェクトを同時にこなし、社内および世界中の同僚や顧客を相手に仕事をする能力が要求されます。

Q: 最後に「企業の社会貢献」について、どのように感じていますか?

社会に貢献することを優先して考える企業の一員であることは、私の仕事をよりやりがいのあるものにしてくれます。オリンパスの製品が社会に与える良い影響に加えて、オリンパスの社員として直接社会に貢献する機会は無数にあります。例えば、私たちのオフィスで社内の部門を超えた同僚が協力し合って取り組んでいる「STEM for Students」グループの活動が挙げられます。次世代教育支援活動を実施し、多くの学生たちにとって“科学”をより身近なものに感じてもらおうとしています。最近、このグループでは、地元の公立学校向けに新しく設立されたOlympus STEMファンド(STEM関連の校外学習や高校生のSTEM活動に資金提供する支援)のための募金活動を行いました。また、小学生たちに顕微鏡の使い方を教え、自分たちの頬の細胞を顕微鏡で観察してもらう機会もありました。初めて顕微鏡を覗いた子どもたちの反応を見ることができたのは、とても素晴らしい貴重な経験でした。

STEM:Science, Technology, Engineering and Mathematicsの頭文字で、科学・技術・工学・数学の教育分野の総称。

関連リンク