労働安全衛生 健康管理

基本的な考え方・方針

オリンパス健康宣言の制定

オリンパスグループはグローバル行動規範の中で「安全で衛生的な職場環境を最優先とし、職場での事故や職業病を防ぐための事前措置を講じ、働きやすい環境づくり・健康とウエルネスの促進を図る」と定めています。
そしてこの推進に向けて「オリンパス健康宣言」を制定し、国内グループ会社も含めて、従業員とその家族の健康維持・増進を支援しています。
健康宣言の制定に合わせた重点取り組みとしては受動喫煙対策を進めるとともに、生活習慣の改善指導や、がん早期発見のためのがん検診の受診勧奨と費用補助、ココロの健康障害の防止などを通じ健康維持・増進を推進しています。
これらの活動によって、私たちは心身ともに健康で活力に満ちた組織風土づくりを推進し、一人ひとりの「健康と幸せな生活の実現」を目指します。

オリンパス健康宣言

~「人々の健康と幸せな生活の実現」のために~

オリンパスグループの経営ビジョンでは「世界の人々の健康と安心、心の豊かさの実現を通して社会に貢献する」と謳っています。この活動を支えるのは健康で活力あふれる社員とその家族であると考えます。
会社は社員と家族の健康を第一に考え、以下の取り組みを進めていきます。

1. 会社は、社員の健康を重要な経営課題と考え、安全と健康を最優先する組織文化の醸成を図っていきます。
2. 会社は、社員が心身ともに健康でいきいきと働く職場環境を整えていきます。
3. 会社は、健康保険組合と協力し、社員と家族一人ひとりの健康づくりを支援していきます。

健康管理の体制

オリンパスおよび国内グループ会社では、産業保健としての健康管理活動に加え、オリンパス健康保険組合(以下、健康保険組合)と協力して、会社と健保の「コラボヘルス」の取り組みを機動的に行えるような体制を構築しています。特に産業保健の体制としては、事業所の規模に応じて、専属産業医、保健師・看護師を配置し、健康管理体制の整備・強化を推進しています。具体的には専属産業医の活動として月例ミーティングを開催し、社員の健康実態の共有とその課題対応を検討し、保健師・看護師と共に課題解決に向けた活動を展開しています。また、保健師・看護師は、産業衛生学会の産業保健看護専門家制度を活用し専門家としての力量向上を図るとともに、産業衛生学会では4名が社内活動事例や研究テーマを発表(2021年3月期実績)するなど、研鑽に努めています。また社内の専門家育成に加え、毎年医学部学生や看護学生の教育実習受け入れも行い(2021年3月期実績:医学部学生6名、看護学生9名)、産業保健領域における後進の育成支援も行っています。

取り組み

活動の例(日本)

健康経営優良法人2021 ~ホワイト500~ の認定

オリンパスは、従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践する「健康経営」の取り組みが優良な法人として、「健康経営優良法人~ホワイト500~」に2017年から5年連続で認定されました。また、2021年はオリンパスメディカルサイエンス販売が「健康経営優良法人~ホワイト500~」に、会津オリンパスが「健康経営優良法人」に同時受賞となりました。
オリンパスが進める健康経営は、健康診断結果に基づく保健指導、メンタルヘルス対応の充実などの会社が行う産業保健活動と、生活習慣病予防に向けた啓発活動や内視鏡検査をはじめとした各種がん検診の受診促進などの健康保険組合が行う保険事業について、協力体制(コラボヘルス)をとりながら、積極的な取り組みを進めています。
今後も健康保険組合と協力して、従業員とその家族が健康で生き生きと働ける環境づくりを継続し、グループ従業員の健康増進活動に積極的に取り組むとともに、事業活動を通じたお客さまの健康づくりによる社会への貢献に取り組んでいきます。

オリンパスメディカルサイエンス販売/健康経営優良法人2021/ホワイト500
オリンパス
オリンパスメディカルサイエンス販売

会津オリンパス/健康経営優良法人2021
会津オリンパス

「健康経営優良法人~ホワイト500~」とは、経済産業省と日本健康会議が共同で運営する制度で、健康保険組合等と連携して優良な健康経営を実践している大規模法人を顕彰する制度です

健康診断、健康づくり、健康相談

オリンパスおよび国内グループ会社では健康保険組合と協力し、健康診断のメニューの充実を図っています。また、生活習慣病改善に向けた「運動セミナー」や「禁煙セミナー」などのイベントを開催するとともに、フィジカルに加えてメンタルヘルスも含めて、外部機関と連携して健康相談窓口を設置しています。

イベントについては現在新型コロナウイルス禍のため、そのほとんどをWEBでの開催としています

健康相談窓口は、従業員とその家族の方が利用可能です

がん検診

オリンパスでは、がんの早期発見のために内視鏡などを用いた「がん検診」の充実に取り組んでいます。がん検診費用のほとんどは従業員・家族(被扶養者)ともに健康保険組合が全額補助し、従業員の内視鏡検査は高い受診率であること(胃部内視鏡71%、大腸内視鏡61%)と、婦人科検診は従業員・家族(被扶養者)とも対象年齢を全年齢とし、がんの早期発見に努めていることが特徴です。
検診の対象者は前回の検査から一定の条件で抽出し、システムから当年度の受診を勧奨する(がん検診の)「コール・リコール」と呼ばれる取り組みをしています。さらに、がんに関する知識を正しく理解して受診につなげるために、毎年従業員へ「がん教育:eラーニング」を実施しています。

コール・リコール:受診歴データから対象者を抽出し、システムから自動で受診勧奨メールを送る仕組み

がん検診(経年受診率

検査項目 胃部内視鏡 大腸内視鏡 肺がん健診
(CT)
乳がん健診
(乳房超音波)
乳がん健診
(マンモグラフィ)
子宮がん健診
(頸部細胞診)
腹部超音波検査
経年受診率(%) 71.1 61.5 33.7 56.7 26.6 65.5 84.8

経年受診率:がん検診の項目毎に受診して欲しい年数間隔を設定し、その年数内に受診した人数を対象者数で除したもの

2021年1月1日付けで譲渡手続きを完了した映像事業のデータは含まず

がん検診制度

検査項目 対象 健保費用補助 受診勧奨
胃がん(内視鏡) 35歳以上 全額 2年に1回
胃がん
(ペプシノゲン検査)
35歳以上 全額 胃内視鏡を受診しない年
大腸がん(内視鏡) 35歳以上 全額 3年に1回(40歳以上)
大腸がん
(便潜血検査)
35歳以上 全額 大腸内視鏡を受診しない年
乳がん・子宮がん 全年齢女性 全額 2年に1回
前立腺がん
(PSAマーカー)
50歳以上男性 全額 2年に1回
腹部超音波検査 40歳以上 全額 2年に1回
肺がん
(肺ヘリカルCT)
40歳以上 半額(上限5,000円税込み) 個人の判断で受診

受診勧奨:対象年齢から一定年未受診の人(受診推奨年を経過しても未受診)に対して実施

ココロの健康障害の防止(メンタルヘルス)

オリンパスおよび国内グループ会社では、以下の4つのケアを組み合わせて、予防措置から不調者対応、復職までを支援しています。

セルフケア 従業員本人へのeラーニングや、メンタルタフネスのセミナーなどメンタル教育の実施。
また新入社員、中間採用社員全員への面談を実施。
ラインケア 職場のマネージャーを対象としたメンタルヘルスのセミナーを開催するなど、従業員を職場でサポートする取り組み。
事業場内産業保健
スタッフによるケア
事業場内の産業保健スタッフによる相談対応と日常的なケアの実施。
また産業保健スタッフと人事部門が連携しての不調者の復職プログラムへの取り組み。
事業場外資源によるケア 外部の心理カウンセラーによる相談対応、セミナーの開催。

ほかにも保健師・看護師を対象として、臨床の現場から精神科医などの専門家を招いての研修会を実施するなど、従業員のこころのケアにつながる取り組みをしています。
法定ストレスチェックは、オリンパスおよび国内グループ会社を対象に一斉に実施しています。その受検率も95%近くで推移しており、結果による面談も適切に対応し、必要な方は個別フォローにつなげるなどの早期対応を図っています。今後もメンタル施策の一部として、効果的な活用を検討していきます。

禁煙に向けた取り組みの実施

オリンパスおよび国内グループ会社では受動喫煙防止に向けた活動として、全拠点において建屋内の全面禁煙を2020年3月末までに完了し、さらに2021年3月末には敷地内の全面禁煙を完了しました。その他、喫煙者への禁煙支援については、禁煙マラソンとして喫煙者に対して産業保健スタッフが卒煙できるように支援をしています。また、健康保険組合が全額費用補助をし「オンライン禁煙外来」)を提供しています。これら活動を通じて2021年3月末における喫煙率は16.9%まで低減しました。

喫煙率(オリンパスおよび国内グループ会社平均)
2018年3月期末(取り組み開始時) 22.0%
2019年3月期末 20.0%
2020年3月期末 18.4%
2021年3月期末 16.9%

2021年1月1日付けで譲渡手続きを完了した映像事業のデータは含まず

感染症に対する取り組み

感染症予防に対する取り組みとして、以下の活動を実施しています。

  • 医療関連の従事者にはB型肝炎の抗原抗体検査および予防接種の実施
  • 医療施設へ訪問する全従業員に対しての感染予防教育の実施
  • 海外赴任時には帯同家族も含めて予防接種の実施(渡航地域により推奨するワクチンがあります)

    例:A型肝炎、B型肝炎、破傷風または3種混合など

  • インフルエンザ予防接種費用の一部補助
  • 2020年3月期からは風しんの抗体検査を健康診断時にあわせて実施(1962年4月2日~1979年4月1日生まれの男性を対象とした厚生労働省の「風しんの追加的対策」への対応)

新型コロナウイルスへの当社の対応について(安全衛生を含む)

生活習慣病の予防

生活習慣病の予防/「スポーツエールカンパニー2021」ロゴ

生活習慣病の予防として、特定保健指導の取り組みを推進しています。オリンパスおよび国内グループ会社の特定保健指導は各地の健康管理室に勤務している保健師・看護師が従業員と面談・指導しています。従来はマンツーマンでの運動指導に取り組んでいましたが、現在は運動啓発のための動画のオンライン配信などを活用しています。またこれらの運動啓発は全従業員対象にも行っており、このたびスポーツ庁が認定する「スポーツエールカンパニー2021」に選ばれました。
また、社員食堂で保健師・看護師の発案によるヘルシーメニューを採用した事業場もあります。ここでは特定保健指導を受ける従業員の中から希望者向けにヘルシーメニューが考案、提供されました。

スポーツ庁では、従業員の健康増進のためにスポーツの実施に向けた積極的な取り組みを行っている企業を「スポーツエールカンパニー」として認定しています。「スポーツエールカンパニー2021」には、オリンパス テルモ バイオマテリアルとオリンパスメディカルサイエンス販売が同時に認定されています

各種健康増進活動・キャンペーンの実施

従業員の健康管理への意識醸成と活動支援を目的に、健康保険組合主導で、ポータルサイト「ウェルスポートナビ」を導入し、一人一人の健康管理活動の促進を図っています。この中では、健康キャンペーンを積極的に展開し、ウォーキング、年末年始の体重管理、禁煙、歯磨きなどのキャンペーンを実施しました。
事業場によっては社内で開催された運動セミナーの参加者が、継続した取り組みを行う同好会の結成につながるなど、実効的な取り組みを進めています。

治療と仕事の両立支援

療養者に対して生活の安定と治療通院の促進を支援し、モチベーション向上につなげるため、有給休暇やフレックス制度、在宅勤務制度などさまざまな支援制度を進めてきました。2020年4月から、さらに従業員をサポートする取り組みとして、厚生労働省が支援を推奨する疾病に対して、特別休暇を付与する制度の運用を開始しました。

海外駐在員の健康管理

海外に出向している駐在員は赴任時や帰任時に行われる法定の健康診断以外に、日本に一時帰国した際にも健康診断(人間ドック項目)を受けることができます。
担当の産業医、保健師・看護師を配置し、赴任時、帰国時の面談に加え、日常的な健康相談にも対応しています。ここでは駐在員本人だけではなく、その家族の健康管理もフォローしています。
また産業医による海外法人への現地訪問も定期的に行い、駐在員の健康管理活動の充実を図っています。

活動の例(日本を除く)

北米の取り組み

「Cigna Mental Health First Aid」トレーニング
(Olympus Corporation of the Americas 米国)

Cigna Mental Health First Aidトレーニングは、精神疾患や物質使用障害の兆候を識別し、理解し、対応する方法を参加者に教えることを目的としています。このトレーニングでは、メンタルヘルスや物質使用の問題を抱えている可能性のある人に手を差し伸べて初期支援を行い、適切なケアにつなげるために必要なスキルを身につけることができます。

「New Year's Commit to Be Fit」ウォーキングチャレンジ
(Olympus Corporation of the Americas 米国)

私たちは、「True to Your Life(あなたの人生に忠実であること)」を目指す雇用主でありたいと考えています。当社のウォーキングチャレンジは、健康的な生活文化に焦点を当て、それをサポートするものであり、従業員は1年を通して自分の健康とウェルビーイングに忠実であることを奨励されます。New Year's Commit to Be Fit」ウォーキングチャレンジは、1月18日から2月21日までの35日間行われました。この5週間のチャレンジでは、1日平均8,000歩を歩くことができました。

欧州の取り組み

大腸がん啓発への取り組み
(Olympus Europa SE & Co. KG ドイツ)

Olympus Europa SE & Co. KGでは、従業員に対し早期発見・早期治療が重要な大腸がんの検査機会を提供しています。今回、地元のNPO団体と協力し、大腸がん検診の意識向上を目的に、社員向けイベントを開催しました。

禁煙プログラムの実施
(Olympus Europa SE & Co. KG ドイツ)

オリンパスとして従業員の健康は最重要視しており、Olympus Europa SE & Co. KG および Olympus Deutschland GmbHの従業員の禁煙に会社としてサポートしています。この支援は、電子タバコのユーザーにも適用され、該当の従業員からの申請にもとづき、禁煙セミナーへの参加費や治療費用を負担します。

中国の取り組み

インフルエンザワクチンの接種
(Olympus (Beijing) Sales & Service Co.,Ltd.)

インフルエンザのシーズン到来に合わせ、例年通り、従業員の健康管理を重視し、会社負担にてインフルエンザワクチンの接種を実施しました。従業員が日常利用する医療機関で接種を受けた後、費用を会社に請求する形で対応しています。

アジア・オセアニアの取り組み

健康&ウェルビーイング委員会
(Olympus Australia & New Zealand)

長年にわたり、人事部と広報部がさまざまな健康・福祉活動を実施してきました。しかし、2021年3月期の初めに、OAZは現在のサービスを改善するだけでなく、より体系的な方法で従業員のウェルビーイングを促進・維持する必要性を認識しました。新型コロナウイルスの流行により、従業員の総合的なウェルビーイングを強力にサポートすることがいかに重要であるかが浮き彫りになりました。そこで、さまざまな部門や拠点の従業員からなる部門横断的な委員会が結成され、健康とウェルビーイングを組織全体の優先事項とすることに情熱を注いでいます。委員会は、ビジョン、ミッション、目的、戦略を策定しました。

「Olympus Western Seaboard 10,000 Steps」大会
(Olympus Australia & New Zealand)

新型コロナウイルスの流行により、2020年のほとんどの期間、OAZの従業員の大半は在宅勤務をしていました。そのため、ほとんどの従業員がオフィス周辺を歩いて活動する時間が少なくなり、社会的にも同僚から孤立してしまうなど、身体的にも社会的にもつながりにくい状況となりました。また、地域の外出制限が適用されていたため、多くの従業員はジムに通うなどの通常の運動をすることができませんでした。そこで健康&ウェルビーイング委員会は、4週間かけて、西オーストラリア州のパースからブルームまでに相当する距離を、1人1日1万歩を歩くことで到達する全社大会を開催し、チーム対抗で競い合いました。この取り組みにより、社員は自宅周辺の歩数を増やしたり、新型コロナウイルス禍のロックダウン中に許可されている範囲で屋外を歩いたりするようになり、また、切磋琢磨することで社会とのつながりを深めることができました。

政府による新型コロナウイルス予防策への支援
(Olympus Medical Systems India Private Limited)

新型コロナウイルスの感染が驚くほどのスピードでインド全土に広がっている中、OMSIはグルガオン地域のハリヤナ州政府に新型コロナウイルスの予防と治療管理の支援を行いました。具体的な支援は次のとおりです。

  1. 抗原検査キット
  2. ウィルス輸送媒体キット
  3. 新型コロナウイルス検査キャンプを設置するための天蓋付きテント12個
  4. 新型コロナウイルスサンプルの輸送および検査技師のグルガオンの各キャンプへの送迎に使うミニバン3台のレンタル(2021年1月、2月、3月)