創業の精神


創業者 山下長

オリンパスの創立は1919年(大正8年)10月12日。

創業者 山下 長(やましたたけし)は、勤務していた会社から出資を受け、顕微鏡の国産化を目指し、「株式会社 高千穂製作所」を創立しました。山下は常々「ただ外国製品の模倣ではいけない。何か高千穂独自のものを生み出せ」と、技術者を激励していました。

山下 長の「何とか国産の顕微鏡を作りたい」という夢は、会社創立から半年後の1920年(大正9年)3月、初めて製造した顕微鏡、「旭号」で実現しました。その約30年後、オリンパスは世界で初めて胃カメラを実用化することにも成功しました。

社会に向けて新しい価値を創造するという精神は、最初の製品を世に送り出してからずっと、今日まで受け継がれています。


旭号


初期の胃カメラ

会社創設当時の話

顕微鏡への熱き思い・会社創立


オリンパス商標付き体温計

創立当時は、顕微鏡事業と体温計事業を柱とする会社でした。

創業者山下 長(やましたたけし)は、大正4年(1915年)に東京帝国大学法学部法律学科を卒業し、弁護士を開業。その後1年間兵役を勤めた後、大正7年(1918年)に貿易会社「常盤商会」に入社。砂糖で利益を上げた報奨として、常盤商会から出資を受け、弁護士時代から親しかった寺田氏とともに、顕微鏡の国産化を目指す「株式会社高千穂製作所」を創立しました。

寺田氏は、明治の末期から大正のはじめにかけて、日本で初めて工業的な手法で顕微鏡を製作した人物。寺田氏の製作した顕微鏡は、大正3年(1914年)に開催された大正博覧会に出品され、銅賞を獲得しました。その後、医療器械の老舗「いわしや」の松本氏の資金援助を受け「エムカテラ」顕微鏡を生産しました。「エムカテラ」という名前は、開発に関わった松本、加藤、寺田の3氏の頭文字を取ったもの。
寺田氏は、主に本郷で体温計を作っていましたが、このように顕微鏡の製作に関しても、十分な実績がありました。山下は、寺田氏に顕微鏡作りにかける熱意を伝え、寺田製作所の設備などを現物として出資してもらうとともに、寺田氏を取締役技師長として株式会社高千穂製作所に迎えました。

その後、大正12年(1923年)2月には、体温計事業を売却。
顕微鏡事業をより大きく進めるため、体温計事業を譲渡した資金の大半は、顕微鏡事業に投資されました。なお、体温計事業の売却先には、「オリンパス」というブランド名の使用を認めています。

オリンパスの歴史を語るお宝アイテム


給与辞令

これは、当時の役員報酬が記載されている資料。
発行日は、会社創立日である大正8年(1919年)10月12日。現存する最も古い資料です。
創立時の取締役は、名目上の社長である川上謙三郎と、専務の山下 長、技師長の寺田新太郎の3人でした。

神々の住む山・社名の由来

ギリシャ神話で神々が住むというオリンポス山「Mt. Olympus」。
「オリンパス」の社名は、この山にちなんだもの。「世界に通用する製品を作る」という熱い思いが込められています。

商標としては、創業当時の「株式会社高千穂製作所」の時代から「オリンパス」を使っています。
日本の神話では高千穂の峰に八百万の神がいる高天原があるといわれており、それに対応する神々の山として、ギリシャ神話の(Olympus)山」を結びつけ商標にいたしました。また高天原の光が世界を照らすように、オリンパスの光学機器製品が世界に行き渡るようにとの願いも込められています。

昭和17年(1942年)に社名を「高千穂光学工業株式会社」に変更。昭和24年(1949年)には、企業イメージをアップするため「オリンパス光学工業株式会社」とカタカナを用いた社名に変更しました。

そして、平成15年(2003年)、社名を「オリンパス株式会社」に変更。活力感のある企業ブランドを目指し、世界中で親しまれているブランド名と会社名を統一しました。
近年は、光学と最新のデジタル技術を融合した「Opto-Digital Technology(オプトデジタル テクノロジー)」をコアコンピタンス(他社にはまねのできない核となる技術力)として、世界レベルでの一流企業を目指し、企業価値の最大化に取り組んでいます。

社名の歴史

年月日 事項
大正8年(1919年)10月12日 「株式会社高千穂製作所」設立
創立者:山下 長(やましたたけし)
昭和17年(1942年)5月28日 社名を「高千穂光学工業株式会社」と改称
昭和24年(1949年)1月1日 社名を「オリンパス光学工業株式会社」と改称
英文表記 OLYMPUS OPTICAL CO., LTD.
平成15年(2003年)10月1日 社名を「オリンパス株式会社」と改称
英文表記 OLYMPUS CORPORATION


高千穂峰(宮崎県)