株主還元

利益配分に関する基本方針

当社は、株主価値向上のため、安定した財務基盤の確保を前提とし、内部留保資金を、医療事業を中心とした成長領域への投資に優先的に活用してまいります。その上で、株主の皆さまのご期待に応えるため、業績等を勘案し適切な株主還元を実施することを基本方針としています。将来的に、総還元性向30%を一つの目安とします。

配当金の推移

2009年3月期中間20円期末0円、2010年3月期中間15円期末15円、2011年3月期中間15円期末15円、2012年3月期中間0円期末0円、2013年3月期中間0円期末0円、2014年3月期中間0円期末0円、2015年3月期中間0円期末10円、2016年3月期中間0円期末17円、2017年3月期中間0円期末28円、2018年3月期中間0円期末28円、2019年3月期(予定)中間0円期末30円

総還元性向の推移

2009年3月期N/A、2010年3月期15%、2011年3月期362%、2012年3月期0%、2013年3月期0%、2014年3月期0%、2015年3月期N/A、2016年3月期9%、2017年3月期22%、2018年3月期23%、2019年3月期(予定)17%

※2009年3月期および2015年3月期の総還元性向は、当期純損失のため記載していません。

株主優待

現在、株主優待は実施しておりません。