カメラミュージアム:35mm判カメラ

小型軽量・速写性の具現化

国内初の35mm判カメラ、オリンパス35 I は、1948年に発売されました。しかし、35mm判カメラの市場は、成熟途上。しばらくは、クロームシックス、フレックスなど、中判カメラや二眼レフも並行して世に送り出されていました。その後、カメラ市場の中心が35mm判カメラに移ります。ワイドレンズ専用機。露出計組込機。レンズ交換可能機。オリンパスは、さまざまな「初」のカメラを生み出し、35mm判カメラの可能性を拡げていきます。