カメラミュージアム:TRIPシリーズ

34年間続いた超ロングセラー

日本国内でハーフサイズのペンシリーズが大ヒットとなった後、フイルムが白黒からカラーに変わるにつれ、海外からはフルサイズカメラの販売が渇望されるようになりました。
これに応えてPEN EESをベースに開発された小型EEカメラは、小旅行に気軽に持って行けるカメラとして、TRIP(トリップ)と名づけられました。TRIPシリーズは高品位の写りの良さと使いやすさ、故障の少なさ、安い価格のために人気を集め、以後2002年のTRIP AFまで34年間販売される、超ロングベストセラー機となりました。