年表
2019年~現在

真のグローバル・メディカル・テクノロジーカンパニーへの飛躍を目指して

2019年

医師の写真

真のグローバル・メディカル・テクノロジーカンパニーへの飛躍を目指した企業変革プラン「Transform Olympus」を公表 エレクトロニックフラッシュ「FL-700WR」、ワイヤレスコマンダー「FC-WR」、ワイヤレスレシーバー「FR-WR」を発売(1月) 「OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II (シルバー)」を発売(1月) 小型・軽量、OM-Dシステムのプロフェッショナルモデル ミラーレス一眼カメラ「OLYMPUS OM-D E-M1X」を発売(1月) 十二指腸スコープ「TJF-Q290V」を発売(1月) ディスポーザブル吸引生検針「PeriViewFLEX」を発売(2月) 「ガイドシース法」に対応したキット「ディスポーザブルガイドシースキット2」を発売(2月) 内視鏡洗浄消毒装置「OER-5」を発売(2月) M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3」を発売(2月) AIを搭載した内視鏡画像診断支援ソフトウェア「EndoBRAIN®」を発売(2月) 内視鏡検査におけるAI支援診断のためのオープンプラットフォームを開発(3月) 竹内 康雄(たけうち・やすお)代表取締役社長 執行役員兼CEOに就任(4月1日)PDFファイルへのリンクです 高周波焼灼電源装置「ESG-300」 アルゴンプラズマ凝固装置「APU-300」を発売 (5月) 胆道ビデオスコープ「CHF-B290」を発売 (5月) サブスクリプション型オンラインサービス「Vivoly(ヴィヴォリー)」を発売 (5月) 上部消化管ビデオスコープ「GIF-H290T」を発売 (5月) デジタルマイクロスコープ 「DSX1000」を発売 (6月) 薄型LED透過照明架台とLEDライトガイド光源を発売 (6月) コンパクトデジタルカメラ「OLYMPUS Tough TG-6」を発売 (6月) 高性能対物レンズシリーズ「X Line」を発売 (6月) 「M.ZUIKO DIGITAL 2x Teleconverter MC-20」を発売 (6月) 耳鼻咽喉ビデオスコープ・ミラーレス一眼カメラ・ICレコーダーの3製品が「iF デザイン賞」「レッドドット・デザイン賞」を受賞(7月) ハンディータイプの蛍光X線分析計「VANTA Element」を発売(9月) ICレコーダー 「Voice-Trek V-873」 「Voice-Trek V-872」を発売(9月) ガイドワイヤロック機能付きディスポーザブル鉗子栓 「CleverLock」を発売(9月) ミラーレス一眼カメラ・ハイエンド双眼鏡・工業用内視鏡の3製品が「2019年度グッドデザイン賞」を受賞(10月) 超音波消化管ビデオスコープ「GF-UE290」を発売(10月) 創立100周年を迎え「オリンパスミュージアム」がリニューアルオープン(10月) 台風19号災害に義援金1,000万円を寄付(10月) 脳・神経科学、がん、創薬研究の品質向上と効率化に貢献するリサーチスライドスキャナー「SLIDEVIEW VS200」を発売(10月) ミラーレス一眼カメラ「OLYMPUS PEN E-PL10」を発売(11月) ミラーレス一眼カメラ「OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III」を発売(11月) 業界最高レベルの解像度を誇る超音波フェーズドアレイ探傷器「OmniScan(オムニスキャン)X3」を発売(11月) 新経営戦略を策定(11月)

2020年

内視鏡EVIS X1の写真
内視鏡システム「EVIS X1」(システムセット例)

ディスポーザブル ジャンボコールドポリペクトミー鉗子「EndoJaw Jumbo」を発売(1月) インキュベーションモニタリングシステム「OLYMPUS Provi CM20」を発売(1月) 「EBUS-TBNAシステムの開発」で第3回日本医療研究開発大賞の厚生労働大臣賞を受賞(1月) スティックタイプのICレコーダー「Voice-Trek VP-20」を発売(2月) ミラーレス一眼カメラ「OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III」を発売(2月) 米PhenoVista Biosciences社と3次元細胞解析における協業を開始(3月) 先端外径5.4㎜の極細径上部消化管汎用ビデオスコープ 「GIF-1200N」を新発売(3月) M.ZUIKO PROレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4.0 PRO」(35mm判換算24-90mm相当)を発売(3月) 可動式のモニターに録画機能も搭載した気道管理用の携帯型軟性内視鏡「エアウェイマネジメントモバイルスコープ」3機種を発売(3月) 次世代の内視鏡システム「EVIS X1」を欧州・アジア一部地域で発売(4月) AIを搭載した内視鏡画像診断支援ソフトウェア「EndoBRAIN-EYE」を発売(5月) 新型コロナウイルス感染症対策としてグローバルで合計1億円相当の支援(6月) 高性能対物レンズシリーズ「X Line」がEdison Award 2020にて金賞を受賞(6月) 「SOLTIVE SuperPulsed Laser System」を米国で発売(6月) 次世代の内視鏡システム「EVIS X1」を日本国内で発売(7月) 令和2年7月豪雨災害に義援金500万円を寄付(7月) 米国ノーウォーク工場の譲渡契約を締結(8月) 英国医療機器メーカーArc Medical Design社の買収契約を締結(8月) 小型・軽量超望遠ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」を発売(9月) ミラーレス一眼カメラ「OLYMPUS OM-D E-M10 Mark IV」を発売(9月)

2021年

  • 映像事業をOMデジタルソリューションズ株式会社に承継させ、日本産業パートナーズ株式会社が設立したOJホールディングス株式会社に譲渡(1月)